2005年03月30日

★メシア・7710★

山根博士がNokia7710のレビューを書かれておられるのでもうすでに有名になった 「7710の日本語入力可能」の事実!

Asukalは当初、後2〜3ヶ月したら安くなるだろう、それから買おうかな位の思い入れしかなかったのだがその事実はAsukal状況を急変させた。

日ごろPocket PC Phone Phone EditionやNokiaの携帯電話を日本語・中国語環境を仕立て上げ喜んでいるが実はこれは当初、海外で日本語のメールをいつでも何処でも可能にしなければならないと言う業務上の必要性からであったのはだれも知らない・・・のだ!

しかしである、今回のNokia7710の日本語がそのまま手書き出来てしまい、さらに表示まで可能と言ったこの事実、Nokia中国語化のメンバーがそれを意図したか意図しなかったか等はこの際どうでもいい事であってそれは今後の海外での日本ビジネスマンにとって非常に意義のあることである。

まさにAsukalが当初求めたいつでも何処でも(誰とでも)ネットにつなぎ、業務メール、非業務メールを日本語・中国語で出来てしまう究極の理想デバイスなのである。

対応アプリが少ない、動作が多少もたつく、しかしそれは日本語手書きが出来るメリットに比べるとゴキブリのウンコほどの小さな問題でしかない!

必要十分の機能、これをHK$を数枚出しさえすれば意図も簡単にてに入れることができ、メールアカウント位の設定は必要だがそれ以外は 何もしなくともすぐに兵力になる!

確かにPocket PCやPalm OSに比べればその拡張性は無いだろう、しかしすでにそれらを使っている同志は経験済みで理解できるだろうがその拡張性が高いゆえに、ついつい余分な事をして、しなくても良いハードリセットや、再構築を繰り返している事だろう!Asukalなどは電話として使っている時間より あ〜だ・こ〜だと弄繰り回してしまう時間の方が多いのも事実だ。

しかしそれはそれで良いとして 何もしなくても良く、いじり倒す必要もその気にさぬある意味での完成度のあるデバイスがもうひとつ手元にあれば、思い切ってもう一方で遊べるのである (何をいってるのか?・・・)

日本語を母国語とする同志たちにとってはまさに「救世主」なのである!

そう、ノキア7710 改め メシア7710なのだっ!  さ〜今日の晩から香港、そして明後日からは日本である。今夜!或いは明日の夜には必ずこのメシア7710を手にするのだっ!



posted by Asukal at 20:42| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Symbian OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★黒イチゴ★

Blackberryなのである。かなり古くからこのシリーズは出ており海外で活躍する同志は目にする事もあるだろう。

かつては少し地味なデバイスに見えたが(外観の話)最近はかなりかっこいいデバイスになってきた。別に昨日今日の話ではないが。

要するにキャリアーのサーバーを利用してメールやメッセージをガンガンできるメッセージに性能を絞り込んだかなり渋いマシーンである。

某博士いわく「ブラックベリーを知らずしてTreoを語るべからず!」と言わしめるほどのものである。もちろん香港でも入手可能なのである。旧型は香港空港にもでっかい広告看板が出ていた。

興味はあるが中国ではキャリアーがサポートしていないため手が出せない。ポッチーよ〜!

そういえば中国も白黒の二世代くらい前のPDA風のデバイスでメッセージ専用の端末を出していたような記憶がある。ま、発想原理は同じようなものであろう。

 

Side-Kickも以前必死で端末を探したが、ちょうど日本の携帯電話のようにキャリア=デバイス風の販売内容であるため入手が出来なかった。

II型はカラーになってもっとかっこよくなっている。(GSMの通信端末)

最新型はもっとすごいらしい(某博士)

二つ共に詳しくその他は何が出来るのか詳しくして知っているわけではないが「くすぐる」のだ・・

こんなかっこいい端末がGSM携帯機同様にキャリアフリーで使えたらと望むAsukalであった。

 


 

        

↑Blackberryの前の型            ↑Sid-Kickの前の型

 

posted by Asukal at 17:49| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★黒市場★

いつになったら正式な黒市場が開くのだとたくさんの同志から問い合わせが殺到するAsukalである。毎日その回答に終われ忙しい日々を送っている <<本当は3件しかなかったぞ(T_T)/~~~>>

だがもう少しである!辛抱してくれ同志たちよ!

と言う事でこんなもの見つけました。

 2 in 1 SIMである。すでにGSMマニアの間では古くからある商品で何をいまさら!と言った声も聞こえてくるが・・・・ 聞こえない振りをするAsukalである!

これはソフト切り取りもいらない、そのままSIMを2枚このアダプターにいれ、その先端のSIM風のやつを携帯のSIMホルダーにぶち込むと言う大変分かりやすいブツである。

機種によって差し込む方向が異なるために基本的には6種類の形状がある。これからゆっくりテストしてみるつもりである。

対応機種もそのうち(またそのうちが出たぞ)リストにして報告しよう!

元SIMにダメージや改造が要らないのでかなりお手軽ではある。

 

 

 

←ためしにXdaO2 IIに入れてみた。残念ながら電池カバーはしまらないが認識したのである。

起動時にどちらかの番号を読み込む。切り替えたいときはいったん電源を落とし(O2の場合はフライトモードにし)再度起動すると別の番号になるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ;

あの有名な復方土謹皮チンキ(ドキンピチンキ)である。

英語で水虫をHong Kong Foot(香港脚)と言う。これはヨーロッパ人に通じるかどうか分からない英語であるが少なくともこの近辺に住む白人には通じる英語である。

そう、香港人は生まれながらに水虫を持つと言う呪われた民族なのである(嘘なので信じないほうが良い)

Asukalも10年以上やっかいになっているのだ。使い始めて一週間で完治する(いや、したように見える)

半年ほどほっておくとまた再発するのである。と言うわけで良く効いているのだがまたやっかいになると言う、良く分からぬのだが本当に10年ほど前から使っている薬である。

これは薬事法があるので商売では勝手に販売できないが友達に頼まれて買う事はできるのだ!友情関係にまではさすがの薬事法も介入はできないのである!

通常個人の使用分2か月分ほどの薬品なら税関も薬事法も関係ないので欲しい友人は連絡をくれたまえ!2ダースほどまで友人には特赦が適応されるのだ!

注意;これはPDAの液晶クリーナー液ではありません。水虫の足に塗るものです。

 

posted by Asukal at 13:15| 香港 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 電脳黒市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★GSM博士とお茶を飲む★

GSM博士こと香港@山根博士がシンセンへ来られると言う。本当は30日頃の予定だったが無理を言い今日にしていただいた。

かなり長時間にわたり散歩とお茶をしたのである。

年を食うとめっきり運動不足である、たまには散歩も良いだろうと歩くのだが40男が二人肩を並べて歩いてもあまり絵にならないのだ。

と言うより年寄りはそんなに長くは歩けないのであった。そしてすぐさまお茶になる。お茶と言ってもヤム茶したりウーロン茶ではない。

博士=アイスレモンティー、  Asukal=アイスミルクティーと洋風である。かっこいいだろう!

小さな入り口を二階に上がる小暗い喫茶店、怪しい雰囲気である。お客は一人もいない。我々が帰るまで他の客は一切来なかった。怪しいのだ・・・・・怪しい40男が二人怪しいブツを並べて話をするにはうってつけである。バスター氏に渡していただく怪しいグッズをおもむろに取り出しテーブルの下から渡すAsukal・・・・黒道の裏取引使うにはまさにベストなスポットであった。その名もブラジル屋だっただろうか・・・

さすが博士である、話の中で今後のGSM携帯電話の動向を予想されるのだが、かなり理論的で説得力があるというか、なるべきしてなると納得してしまうのだからすごいのだ!そうだそうだ!と相槌を打つAsukal。

実はAsukalの本日の目的はNokia7710を触らせていただくことに有った。まことにすばらしい!本当に日本語が書けててしまうのだ。今までこんなGSM携帯はなかったぞ!

そしてモンコック中古電脳市場で博士が見たと言うなぞのVodafone Windows CEマシーン!これも明日見に行ってこよう。

と言うわけで明日から香港である。明日の何にはNokia7710は我が手中に! すばらしい!

posted by Asukal at 00:04| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

★如意香港通★

だいぶ前から販売されている香港・シンセン両方の番号を持つキャリアー純正のマルチSIM 中国聯通の 「如意通」である。

昨日香港空港から到着する日本からのお客さんを待つ為に蛇口馬頭(ジャグチではない、スウェコウと読む、広東語ではセーホウ)、シンセン側のフェリーターミナルへ行った。そこで時間があったので買ってしまったのだ。

今更といった物であるが。。。。

250元で香港とシンセンの二つの番号を持つSIMカードである。番号は自動切換えであり手動では切り替える事はできない。同時待ちうけも出来ない。香港では香港番号、中国では中国の番号と自動で切り替えられる。

←リチャージカード(100元)

プリペイドSIMで通話料は香港・シンセン共に 0.55元/分である。長距離はそれプラス 0.07元/6秒である。

250元の中にはすでに50元の通話料が含まれる。フェリーターミナルで買ったので当然他で買うより高いと疑うAsukalである。

←如意通のデュアルSIM(一枚で二つの番号)

中国側ではどこでも携帯電話のリチャージカードの手に入る所なら入手可能であるし、香港側でも国境(船・バス・列車)の廻りでいつでも買える。

 

別に必要ないがTreo270にSIMが無いので買って入れてみた。ま、予備機としてかばん入れておくつもりである。せっかくのtreoだ。使わねばカビが生えてしまう!

これでかばん(B5くらいの小さな鞄)の中は常時、XdaO2IIとO2IIs、Nexio、Nokia7600、Nokia702NK(使えんぞ!)そしてMoto V880、携帯式バッテリーのZap!    場合によってSigmarion3/iPaqとそしてTreo270が入っており、世界中どこでも、どんな環境でも通信に失敗する事はないのだ!

軽快なモバイル生活を送るAsukalであった(相当重いぞカバンは!)

posted by Asukal at 16:47| 香港 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★日中二ヶ国語用のフォント★

さて、今までなかなか日本語も中国語もきれいに表示するフォントが無かった。中国語が見やすければ日本語のかな・カナが汚い、或いはその反対である。

そこであっちの良い所、こっちの良い所をとってくっつけてひとつに出来ないかとかなり前かその作業に着手していたAsukalであった。そうだ!まるで 「フランケンシュタイン博士」<山根博士の事ではない>の怪物の様に継ぎはぎでフォントを作るのだ!やれば出来る。なせばなる!その為に複数のフォントエディター等を購入して試行錯誤を続けたのである。さらにそのサイズを下げる事にも成功した!

あーなんと涙ぐましい・・・・ 自動日中二ヶ国語化CABの次期バージョン 製作時間3ヶ月、総制作費7500円くらい?

e-China V3 (いっチャイナ!ヴェルジョナ・トレスと読んでくれ・・って別に何でもいいが)

何と以前のいっチャイナ 9.6MBから一気に5MB以下になるという。しかも内緒で おまけがつきそうだ!それは・・言いたいが股が裂けても言えない内容である。が言いたいAsukalである!  あ〜言いたい!

X△○◇?♯が同梱されるのである!  あ〜すっきりした・・。  と言う事で

これが日中混合の新しいフォントだっ!上が新しいフォント、下が今までのフォントである。

サイズ9--11までのサイズで最適に表示されるようにした。なぜか 9と10は同じである。それ以上、それ以下ははっきり言って 我慢である。サイズを下げるための捨て駒である。一部のメニューなどでは自動でサイズ8に表示されえーと思うかもしれないがそんな事勝手にえーと思ってくれ!

 

 

 

 

 

 

 

↑今までのフォント            ↑新しいフォントでの表示

新日中二ヶ国語化自動CAB e-china V3(ヴェルジョナ・トレス・・もうええって!) もうちょっとまってね・・

あ、中国語フォントの見本を添付忘れた!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 14:13| 香港 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Blue Angelハードリセット★

なぜか電池交換でまた再びハードリセットしてしまったXdaO2IIsである。

もう二度と電池交換なぞしないと誓うAsukalである。Zapで充電しよう!くそーー

Asukaly yours!

posted by Asukal at 03:41| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Photo Contactの削除★

これはある同志のための報告である。

 左が組み込まれたファイルの一覧である。削除を開始する前にPhoto Contactのオプションから機能を停止させておきソフトリセットすることを薦める。

インストールされているディレクトリは\windowsの他にStart Menu/Start Upにも書き込まれているはずである。さらにProgram Files内のPhoto Contact或いはCaller IDの中にもあるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

レジストリは下記の様になっている。参考にされたし。

[HKEY_CURRENT_USER]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style\IA Caller ID]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style\IA Caller ID\]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style\IA Caller ID\Strings]
"App Path"="\Windows\PhotoContacts.exe"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style\IAContacts\ContactsCID]
"Flags"=hex:\
      04,00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style\IAContacts\NotFoundCID]
"Flags"=hex:\
      04,00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\IA Style\IAContacts\UnknownCID]
"Flags"=hex:\
      04,00

[HKEY_LOCAL_MACHINE]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps\PimExtensions]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps\PimExtensions
\Contacts]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps\PimExtensions
\Contacts\AddIns]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps\PimExtensions
\Contacts\AddIns\IACallerIDMain]
"Menu"="Photo Contacts"
"DLL"="PhotoC.DLL"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps\PimExtension
\Contacts\AddIns\IACallerIDPhotoView]
"Menu"="Photo View"
"DLL"="PhotoV.DLL"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PimApps\PimExtensions
\Contacts\AddIns\IACallerIDAssignPhoto]
"Menu"="Assign Photo"
"DLL"="AssignP.DLL"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\IA Style\IACWPlugin\IA Caller ID]
"Path"="\Windows\PhotoContacts.exe"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Windows CE Services\Synchronization\Objects
\IACallerID]
"Store"="IACIDSync.dll"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Explorer\Shell Folders]
"Templates"="\My Documents\Templates"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Services\CallerID]
"Index"=dword:00000000
"Prefix"="CID"
"Order"=dword:000000a
"Keep"=dword:00000001
"DLL"="CallerID.dll"

posted by Asukal at 01:54| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

★ブラウザー★

最近アクセスもとのブラウザーの内訳を見るとなにやら変貌が見えてきた。

いきなりFireFoxにてのアクセスが急増しているのだ!Operaも増えている・・・

以前はLinux等で使われていたこのブラウザー、1.02になっていきなりあちこちで紹介されブレイクしたようだ!

色んな選択幅ある事はいいことだ。夜のお店でおねーさんがたくさんの中から選べるとうれしいものである。

posted by Asukal at 14:09| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★上海GSM王 Blog開局★

山根博士は間違いなくGSM界の帝王である。そしてAsukalはかつて夜の帝王であった!いやAsukalの夜の遊びの話ではない。

そう・・・そして、知る人ぞしる、知らない人はもちろん知らない・・・・

江南のGSM King! 江南手机王!その名も 同志 shu!!@上海!

彼無くしてはAsukalのNokia7600日本語入力は成し得なかった、彼無くしてはAsukalのNokai 6630(702nk)の中国語入力も有り得なかった!彼なくしては象園の小龍包も上海蟹もありえなかったという人物である。

揚子江流域にその名をとどろかす謎の携帯電話王!(面点王とは関係が無いこの場合)

一説によると香港の山根氏とは良い仲であるという。誤解しないでくれ!決してふたりがデキていると言う意味ではない。GSMを通しての絆で結ばれた同志であると言う意味である。

彼のBlogが今ここに開局! 易利諾摩託BLOG 

(エリ・ノ・モトと読む多分・・、エリクソンとノキアそしてモトローラだ)

<西暦2005年3月28日 北京時間午前9時50分、山根博士の監修により一部修正>

http://erinomoto.seesaa.net/ 

さー醤骨架を頼もう!面点王じゃないってば!

posted by Asukal at 05:39| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★MSよりのプレゼント★

MSのサイトから便利なPocket PC用のエクセル・テンプレートが無料で配布されていた。もちろんPCでも使用可能であるがPPCのサイズに最適になっている。ぜひ活用しようではないか!

http://office.microsoft.com/ja-jp/templates/CT011558951041.aspx

 全部で7つである。

 日程表
 
 ローン概算表

 割勘計算表

 携行品リスト
 
 見積書

 個人収支表
 
 度量衡換算表

 

画像は度量換算表である。

おまけ:

Asukalの蛇口←→香港・九龍 そして香港空港←→蛇口 のフェリーの時間表(しょっちゅう変更あり)

PPCのサイズに最適になっていない!

 注意;パソコン上で再度最新の時間表に更新したらフォントサイズが大きくなってしまったのでこの画像より大きな文字で表示される。各自で調整する事。

 

また最新時間表 空港ー蛇口間は出航時間と到着時間が右と左に分けて書いてあるので勘違いせぬよう!

 

 

 

 

Asukaly yours!

posted by Asukal at 05:31| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

★Nokia7710日本語手書きを標準で装備★

久々に欲しいNokiaの携帯電話があった。7710と言うSymbian70系のOSをつんだPDA風の携帯電話である。

手書き中国語が出来るし、Pocket PC Phoneばかりでそろそろほかの端末が欲しかったのである。

前回の黒市場商品視察でモンコックへ言った際にもらっておいた7710のパンフレットを山根博士に見せたところ、「即買いだ!」と8マンのごとくNokiaショップへと消えていった山根博士。

我々はバスター氏、TJ同志とのマルコポーロ・トイレ会議があったため少し遅れて出たのでぁる。

山根氏に電話で「どうですか?7710の実力」はと問えば震えた興奮した声で言う・・・・


「やばいっすよこれ、やばいっす・・・日本語が書けてしまいます・・やばいですよ・・・」


通信はそこで途切れてしまう。多分心臓麻痺でご臨終となったのでは???

あわてて他の用事を済ませ救出に向かうAsukalであったが、到着したときはすでに遅し。。。山根博士の姿はもう無かったのである。やはり心臓麻痺であろうか・・・

安らかに眠れ!同志 山根博士よ!(多分その夜は興奮で安らかには眠れなかったであろう・・・・)

と言うことでその晩の博士の安らかに興奮した顔が浮かぶのである。

昇天し,天使となった博士の様子はここ
http://palmyamcha.hkisl.net/archives/000233.html

これでW-CDMAなら日本でも使え大ヒットになるだろうが・・大ヒットしなくてAsukalも買うぞと、あ、大ヒットしない方が目立ってかっこいいぞと、新たな闘志を燃やし、あの南中国の夕焼けに誓うのであった!

posted by Asukal at 10:53| 香港 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Symbian OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WM2005のwince.nls★

色んなwince.nlsを入れてみた。

PPC2002用・WM2003用・Windows CE.NET用、Sigamrion3用(?)

どれも上書き・置き換えは出来るのだがリセットしようが何をしようが地域の設定に日本・中国は登場しない。Inboxのエンコード、Internet Exploreのエンコードにも登場しない! あ〜無念!

しかしそんなことでは挫けないAsukalであった!かつてSigmarion2をwince.nlsの書き換え無しでエンコード可能にしたCE-Starと言う中国語プラットホーム+入力ソフトがあるではないか!かつて 「日本語化はCEStarに学べ!」と偉大なる指導者、そして革命家は叫んだのだ!!

一部成功だ!本来Wince.nlsを書き換えなければ登場しないToday画面の日付を強制的に日本語日時表示にしてやったのだ! (曜日がまだやんけ!)

そう、レジストリの書き換えでこれは出来るのだ!これはかなりの前進である!この小さな一歩はAsukalにとっては小さな一歩であるが、WM2005の日本語化の野望を持つ同志達にとって、いや、世界中に散らばる我が民族にとっては大きな大一歩となるのである !(アポロの月面着陸風・・・)

書き換えたレジストリは下記の様になっている

[HKEY_LOCAL_MACHINE\nls]
"LegacyLocaleMode"=dword:00000001
"SystemLCID"=dword:00000409
"DefaultLCID"=dword:00000411
"DefaultACP"=dword:000003a4
"DefaultOCP"=dword:000003a4

[HKEY_LOCAL_MACHINE\nls\overrides]
"STime"=":"
"ITLZr"=dword:00000001
"ITime"=dword:00000001
"STFmt"="HH:mm:ss"
"LCID"=dword:00000411
"S1159"="AM"
"S2359"="PM"
"SLDte"="yyyy'年'M'月'd'日' dddd"

 

さておまけにエンコードも一部成功したかに見えた!とにかくCLSID以下のCharsetやCodePage、そしてInternet Explore等のInternetのDefault ClacisやCodePageを書き換える・・色々書き換え格闘である。

その時であった!おーInternet ExplorerのEncodingの Default Charcter set日本語(自動選択)が登場したのだ!

ブラボー!ドロボー!早速IEで日本語サイトにアクセスする・・・無念!なんと画面は文字化けするどころか何も表示されずまったくの真っ白なのだ!同時にInboxも真っ白だ!

これをWesternに変更してやれば元通り表示はされるが、当然日本語は出てこない!う〜後一歩なのか、或いは百歩なのか!

更なる格闘を続けるAsukalである。疲れたぞ!

 

 

 

Asukaly yours!

posted by Asukal at 00:28| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

★WM2005のまとめ★

さて今まで断片的に報告してきたがここらでまとめてみよう。

Windows Mobile Version5.0 / OS5.1.1700(build14326.0.0.0)である。

@一番下のタスクバー領域がメニュー領域になっている。キーボード切り替えアイコンはそのメニュー領域の中心にある。しかし以前の古い(現状の)後から入れたアプリではキーボード切り替えアイコンは今までどおり右端になる。

@それに伴いタスクバー(Today)は一段上がっている

 

↑一段上がったタスクバー (右)タスクバーが上に来たためPenPowerのON/OFFをするために手書きボックスを上にずらす必要がある。

@各アプリ起動時は上のタイトルバーの時計はデフォルトでは非表示である。

@しかし時間の設定でタブが一つ増え「More]と言うタブが出来、そこで上記の表示・非表示が切り替えられる。

@標準アプリ以外のアプリを最初に立ち上げる際には必ず「不明な配布者ですが信頼して実行しますか?」と聞いてくる。

@アプリインストールの際にも同様に上記の質問をしてくる。そのインストール先をPDA本体上でメモリーカードか本体か聞いてくる。さらにその後サイズの検討をし残りメモリー?MB、必要メモリ?MB、いいですか?と聞いてくる。

@Win Xpの様に問題が発生したアプリの報告をする(On/Off可能)

@システムを監視し、システムに加えられた変更をLogし、リセットの後システムを自動で前の状態に戻してしまう( Columbo Bug Fixと言うメニューでEnable/Disab;eと有効、無効を選択可能)。

@よってシステムやレジストリに大幅な変更が加えられるソフト導入の場合リセット後レジストリが反映されないことがある。

@ハードリセットにオプションが付き、完全なハードリセットをする場合とレジストリだけデフォルトに戻しファイルやフォルダー、ショートカット等はそのまま残す方法が選択可能である。

↑システム保護Columbo

@警告などの吹き出しが上からでは無く、下から出てくる。

@SMSや着信電話のフキダシ表示も下に出てくる。(今までは上)

 

↑下に出るようになったPOPアップフキダシ

@GPSがOSベースでサポートされているようだ(デバイスごとに異なる可能性あり)

@メモリー残量のスライダーが無く数値表示だけになっている。

@Settingのパワーアイコンがなぜか二つ、一つはパワーマネージメント、もう一つはやっぱり同じだ。しかし一方は電量の残量スライダーがカラーで、もう一つは単色である(βの為かも)。その単色の方にはWiressというタブが追加されており BluetoothとPhoneのチェックボックスがありチェックをはずすとそれぞれオフとなる。またそのタブからFlight ModeのON/OFFも出来る。

@今のところUSBでのActivesyncは出来ない。USBでつなぐとPCの方で新しいドライバー「Generic RNDIS(Prototype-Remember to change idVender)」と言うのを要求してくるが見つからない。Activesync4.0以上が必要であるようだ。赤外線・Bluetooth共につながった。

@β版にはデーターベースは無く、よって Parmanent Save/SDバックアップ/PCでのバックアップリストアが不可能

@PCのエキスプローラー・PDA上のエキスプローラー上からシステムファイルをPDAのwindowsにコピーしようとすると権限が無いのでと拒否される。

@Office系統はPocketxxxxから Word Mobile等に変更されている。Exelはpxlsは開けるがその形式での保存はサポートされなくなりxls等PCと同様な形式になった。wordも同様にpdocが無くなった。PowerPoint Viwerである Mobile Power Point がOS標準となった。

@今までのソフトで一部インストールの出来ない物があった(Pocket Noetepad=CABを展開しexeとDLLを手動で入れれば使えた) World Todayもインストールできなかった。SBPのPocket Plusもだめであった。がほとんどはインストールできる。

@全画面手書きのソフトを入れるとソフトリセット後タッチスクリーンが一切反応しない。またEFFYやCE-StarのSIPソフトもインストールしてもSIP切り替えに表示されてこない。レジストリを手動で組み込んだら出てきた。Monstar Chineseは問題なく切り替えに出てきた。

@Wince.nlsで日本語地域に出来ないのでAtokはテストせず。PQBOX/ComPoBox等も日本語の候補が化ける。KCTRL.dll導入と設定で行ける可能性もあり(対応のwince.nlsが待ち遠しい)

 

↑PenPower全画面を使用するか?OKするとお前はすでに死んでいる!(右はMonstar Chineseの日本語と中国語入力)

 

←悲しくも文字化け候補のPQBOX, あ〜wince.nlsよ!お前は何処にいるのだ!

 

 

 

 

@MS Bluetoothスタックの性能は格段にアップしている(認識率が上がっている)

@Contactの登録内容がアイコンを伴うようになった。日本語のアウトルックで入力したヨミガナが表示可能。ヨミガナでの検索は出来ないと思う。

@またPCのOutlook2003の方で連絡先の人物に写真を追加すれば自動でデバイスに組み込まれ電話の発信・着信に写真が現れる。今まではCaller IDと言ったサードパーティのソフトに頼っていたが着信番号の表示が不正確になるため好きな機能ではなかったが今後は使えそうだ。

  

↑Outlookで写真を挿入           ↑Activesyncで自動でContactに転送

 

↑着信で写真が番号と共にでる。    ↑発信でも出てくる我が同志 毛主席

@Phone Edtionとしては今までFlight Mode(携帯電話の機能停止)のON/OFFする際にその吹き出しが出てくるのに非常に時間がかかったのだが、新OSはかなり快適な速度で吹き出しが出てくる。

@Media Player 10とDopodに搭載されている物と同じであがっている。MSNメッセンジャーが無い(多分βゆえ)

以上気がついた点である。

 

posted by Asukal at 18:01| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★九龍ニ集結セヨ!★

人柱隊 TJ同志より緊急招集がかかる。

「キタル2005年3月25日正午、九龍- N地点ニテ同志集結セヨ」の打電あり。

一昨日のことであった。そして緊急召集の命に従い昨日11時の船に乗り九龍へと向かったAsukalであった。

九龍<中港馬頭>に到着したのは12;00、通常より15分ほど遅れての到着、週末・復活祭と重なり黄色い帽子をかぶる中国大陸旅団が数団待ち受けていた。おびただしい数である。

そんなごった返す中国旅団へ超怒級(?)割り込み戦法、日本の植民地化をその後不可能にしたと言われる歴史的な戦役、日本海海戦にてバルチック艦隊を破った 「T字ターン」にも匹敵するZ字ターン戦法で香港の入国管理局を切り抜け N地点に到着したのは12;20.遺憾ながらもこの重要な会議に遅れをとってしまった。

そこにはすでに師匠、TJ同志、バスター同志、山根博士、10-0-0.netの10g(Asukalは本人の意思を無視してテングと読む)、 丸ちゃん同志が集結していた。すでに場は盛り上がっているようだ。

焼肉定食がほしいと言うのだが店員に強引に3色どんぶりを薦められ押し切られるAsukal、多分混雑時は火を通す焼肉より火を通す必要の無い3色どんぶり(いくら丼・鉄火丼・忘れた)の方が楽なのであろう。小鉢どんぶりが三つである。

話に熱中しどんぶりの中身もあまり覚えていないが、丸ちゃん同志よりなんと部隊名の入ったチョッキ(ベスト?)が全員に配布される。

10g同志はAsukalの為にTreo270用のケースを購入してくれていた。おまけにPalm用の手書き中国語ソフト、Atok,シンクケーブルまでもプレゼントしていただいた!非常感謝である。

Nokia7710の話題が出てきた。前回香港にて黒市場商品の視察をした際に街頭で入手した7710のパンフがAsukalのバッグにちょうどあったのだ。それを見た山根博士はついに購入モードに入り込み、会議がの後のがっちり買いましょうツアー終わるとNokaiショップへ行ってしまう。店員の話では日本語入力までも標準で装備されていると言う。その真偽は後日 パーム飲茶http://hkyamane.web.infoseek.co.jp/gsmhk/index.htmlで紹介されるだろう。

そうそう、博士と丸ちゃん同志(別にうどん屋さんではない)の間ではなにやら怪しい裏取引が行われていた様だ。

Linuxに乗っ取られたZaurs,これはいい、FireFoxやThunder Birdもサクサク(?)と動きまさにコンピューター並み(コンピューター用のOSを入れたのだから当たり前と言えば当たり前)の性能であると言う。ほしいぞ!

バスター同志から出された今後の課題、このメンバーで「理想のPDAを考え製作するべし」と究極のPDA開発計画、名づけて Q-PDAプロジェクトなる物を発足させたのだ。

理想と英智、技術を持ち寄り世界最強のPDAを創るというプロジェクト Q-PDA計画とは・・・?

乞うご期待である!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 14:28| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★国際舞台での中国人★

ワールドカップの日本チームが中国で戦ったときの中国人の日本に対する態度を覚えているだろうか?

あれが中国人のレベルかもしれない。夕べフォーラムで同様な事を経験した。議題の本質をはずれ国籍に対して攻撃をしてくる。あ〜もっとIQをあげてくれ!


http://forum.xda-developers.com/viewtopic.php?p=102566#102566

 

中国人ばかりのフォーラムで海外からの書き込みに対して「ここは中国人のフォーラムだ、出て行け」と罵声を浴びせる光景も眼にしたことがある。

posted by Asukal at 13:15| 香港 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国聊天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

★ババ抜きビンゴ★

さて中国大陸全土で繰り広げられている暗黒のババ抜きゲーム、久々にババを引いてしまったのだ!
参考文献→http://asukal.seesaa.net/article/748972.html

さて今回のババは20元紙幣であった。
いつもらったかも記憶に無い。これはかなり品質の悪いババであり色合いからも、手触りからでも一発で分かるすこし低レベルなババである。にもかかわらず、手にしてしまったAsukalである。
これだけ品質が悪いと次の誰かにはなかなか手渡せないのである。みんな手ごわいのだ!また記念に誰か同志に上げよう!
Fakemonney2 (小).jpg

↑上側が本物で下側がババ20元である。画像クリックで拡大
posted by Asukal at 18:18| 香港 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国聊天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WM2005日本語・中国語入力成功★

先ほどの報告にした様にwince.nlsが導入できていない。よってインターネットは日本語・中国語サイトは文字化け、メールは英語しか受信できない。もちろん横文字ならフランス語・ドイツ語等も受信は可能であるだろうが日本語・中国語が受信できないのは非常につらい所である。

しかしである、先日報告したようにSMS(ショートメッセージ)だけはフォントを対応させてやるだけで日本語・中国語も文字化けせずに表示が可能なのである。昨晩日本語入力は「ひらがな・カタカナ」に限り、ルーマニアの同志の開発した BlimkeysをAsukalが改造した日本語携帯電話風キー入力系統により可能となった!

中国語入力ソフトも当然入れたいのだが何せメモリーが乏しい。128MBの本体メモリーでなく14MBのStorageエリアにOSが組み込まれると言った非常に実用には致命的な制限を持ったβである。MSはROM流出の際をあらかじめ予測してこのような仕組みを組み込んだのかもしれないと密かに疑うのである。或いはその様な制限を持たせ「流出劇」を演じたのではなかろうか・・・・

前回はそのメモリーサイズを考慮してAsukal所有の中で最もサイズの小さな中国語入力ソフトであるHW PENを入れたのだが、その全画面手書きのドライバーとOSのタッチスクリーンのドライバーがかみ合わず玉砕したのだった。

←実際は Storage 14.54MB + Program 24.35 =38.89MB であるがすでにOSがかなり使っているためスッピン状態で 合計 14MB程しか使用可能な領域は残っていないのである。 右のキャプチャーは 日中対応 Wince.nls 1.2MB/日中混合フォント3MB/TascalソフトのTRE/英語T9入力のIntelipad 1.3MBを導入した状態である。(wince.nlsは無意味だが・・)

 

 

今回はその事を踏まえ、日中フォントを再度選択し容量を稼ぎそれを導入後、他のソフトを入れない状態で別の入力ソフトを入れてみることにした。選択する入力ソフトを選ぶ条件は

@手書きで日本語・中国語の両方が使える物(メモリーサイズから複数の入力ソフトは避けたい)
@必要メモリーの可能な限り小さなもの
@カーネルに手を加えないもの(wince.nls等のプラットホーム書き換えを含む場合、OSに拒否される)

そこで登場したのがPenpowerである。最新の2003se対応は7.5MB必要である。古いタイプは調べると 5MB弱である。

違いはランドスケープ画面での入力ボックスのストレッチ機能の有無くらいである。迷わず古いバージョンを選択。

 

見事に成功である!手書で日本語・中国語(簡体字/繁体字)全て書き込めるのだ!

これでとりあえずメールは出来ないがSMSマシーンとしては日本語・中国語(簡体字/繁体字)送受信共に可能となった!

見栄だけの使えぬ見せびらかしマシーンで終わる事はなさそうだ!

かっこいいーぞAsukal、いやHimalaya 2005! おしっこちびりそうだ!

後はwince.nlsだ!夢に出てきそうだ・・・

 

 

(この画面に表示される日中混合フォントに含まれる「ひらがな・カタカナ」は以前の日中二ヶ国語化CAB "Asukal e-china.cab"に含まれるMingluフォントよりかなりいいだろう・・・  新しい二ヶ国語化CABはこのフォントが完成の完成と共にそれを組み込み発表予定である)

Asukaly yours!

 

続きを読む
posted by Asukal at 16:19| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WM2005のwince.nlsの書換成功★

wince.nls、これは英語OSを使用するPPCユーザーにとっては非常に重要なファイルである。女房子供を売り払ってでも手に入れたいまさに海外PPCユーザーの求める 「Blue Bird」なのだ!或いはヤッターマンの捜し求める「ダイナモント」なのである。

wince.nls、この400KB(日本語対応)から1.2MB(日本語・中国語対応)と言う小さなファイル、何が重要であるか、

@e-mailでの日本語や中国語のエンコードを可能にする。

@PPCのPocket Internet Exploreで日本語や中国語のエンコードを可能にする。

@日本語入力などの日本語環境で無ければ正常に表示されないソフトを導入可能にする。

@地域の設定で日本が選択可能である。

日本語などはフォント、レジストリーに手を加えれば表示だけはは可能であるがwince.nls無しでは上記の4点、そう機動電脳戦士にとっては命となる通信系統、日本語入力系統が使えない。これでは意味が無い。電卓を持って歩いたほうが良いくらいだ!

WM2003seまでは簡単にこのファイルが置き換えることができた。PPCデバイスの標準のエキスプローラーからはできなかったがActivesync経由でPCからデバイスのwindowsフォルダーに放り込めた。或いはGSFinder等のファイラーを使えばデバイス上からも放り込めたのだ。

しかしWM2005(あくまでもβ版)へはActivesyncでもロックがかかる。アクセス権の無いシステムファイルとエラーが出る。GSFinderでも同様である。現状使用できる最新のwince.nlsはWM2003se用のものである。バージョンの問題であろうか?或いはWM2005のシステムの問題であろうか?

しかしAsukalである。鳴かねば鳴かせて見せようホトトギス!ホーホケキョなのだ!(ちがうってば)

とにかくwince.nlsの書き込みに成功したのだ!

@まずGSFinderで純正のwince.nlsのプロパティーを開く、この時点ではGSfinderは日本語が使えないのでメニューは文字化け(口口口口表示)しているはずなのですでに日本語化したPDA/日本語PDAを並べてメニューをそこから盗み見るのである。

@そしてプロパティーの中の読み取り専用、隠しファイルのチェックをはずし「OK」

@GSFinderでSDカードか本体にあらかじめコピーしておいたwince.nlsをwindowsフォルダーにコピーができる。(windowsフォルダー以外にはPCからでもコピーが可能)

そしてソフトリセット!だが・・・コピーはできている、再度GSFinderで確認するが確かにコピーはできているのだが地域の設定、IEやInboxのエンコードには一切反映されていない。意味が無いぞ!やはりWM2005用のWince.nlsを探さねばならぬのか?

と言う事で残念な結果であった・・

 


 

@CABインストール法;今までのOSではCABファイルをタップしソフトをインストールする場合CABがインストール終了後消えるCAB方式の物と消えずに残る物とあった。

しかしWM2005は全てCABが残ったままである。SDカードからCABを実行してもSDカードには残ったままなので再度SDにコピーしなおす必要が無いのだ。

また昨日も報告したがCABインストールからでもStorage/Main Memoryとインストール先を指定可能になった。

@Colomboと言うソフト; これはシステムを監視し不正と思われる変更がOSに対して行われた際、それをログに保存しておきソフトリセット後もその不正と思われる変更を自動で元に戻しているようだ。これはDisable/Enableと変更可能である。レジストリ変更を伴う作業前にはこれをDisableにする必要がある。デフォルトではEnableである。

続きを読む
posted by Asukal at 13:26| 香港 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WM2005の日本語・中国語★

WM2005のROMを焼き付けたHimalayaだが日本語化に必要不可欠なwince.nlsの置き換えが出来ない。

Activesyncを使いPCのエキスプローラーから、GSfinderを使いデバイス上からも全てはじかれる。読み取り専用の保護ファイルのために書き換えは出来ないとえらー表示が出る。

これは@別バージョンの、そうM2005対応のwince.nlsなら可能なのか?或いは今使っているWM2003対応なの物でも書き込みの方法を考えれば置き換え可能なのか?

今後の課題である。これが出来ないとメールやインターネットのエンコードが出来ず日本語や中国語が表示されないのである。もちろんnPOPQ等でも日本語は表示されず化けてしまう。

ただし日本語・中国語等の対応のフォントを入れレジストリでシステムフォントをそれらにしておけば日本語・中国語の表示は可能であるのだ。

この状態でメールは化けるがなぜかSMSだけは化けずに日中の東洋文字を表示することが可能である。

もう一つエンコード(地域の設定)で日本の地域設定にしてなければ日本語入力のソフトも導入できないのである

ComPOBOX系、Documa,Atok等考えられる日本語入力のソフトを入れたがだめである。起動しなかったり文字化けしたり、色んな原因があるがとにかくwince.nlsが無い今、手の施しようが無い。

中国語入力も手書き系はタッチスクリーンのドライバーとの兼ね合いか、導入したとたんにタッチスクリーンがスタイラスを受け付けない、そしてハードリセットを強いられるのだ。他にも色んな入力ソフトを入れたいが残念ながらその恐ろしいほど少ないメモリーには入れることの出来るソフトはないのである。 

Effyも入れてみたがだめである。 そこで思い出したのが日本語携帯電話キー入力のAsukalがモデファイしたBilmkeyを思い出した。これはキーに文字コードを直接割り当てているのでエンコードは関係ないような予感がしたのだ!

予想は当たった!さすがはAsukalだ!(自分で言う)

表示されている文字は日中混合フォントであるのでかなが少し純日本語フォントに比べると崩れているが使えぬ範囲ではない。

ひらがな、カタカナしか入力は出来ないが日本語がまったく入力出来ないよりはましであるはずだ。これで日本語・中国語のSMSの受信、そして日本語でのSMSの送信までは完成した。

後は中国語のSMSを送信できるように出来ればもう言うことはない(当面は)。

とにかく新wince.nlsの登場か現存のwince.nlsを強制的に書き込む方法さえ見つかればネットもメールも日本語・中国語、そして日中入力も可能になるのだ!う〜ん何とかしたい物だ!

昨晩明け方までWM2005化に挑戦し、今朝も早起きしてしまった。昼寝は当然出来なかった。年寄りには睡眠が大切だ!ねむじよ!

 

 

posted by Asukal at 01:30| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。