2005年05月04日

★藍天の荒鷲-Asukal★

Asukalの飛行歴はすでに8年となりベテランの域に達している。 ひこうれきと言っても街でうんこすわりしてシンx−を吸ったり、シャコタンに箱乗りで集団危険行為を行うあれではない・・・そう空を飛ぶ、飛行機に乗って空を飛ぶ飛行である。

飛行時間もすでに300時間はクリアーしているだろう。超ベテランと言っても過言はないはずだ(自称)

そんなAsukalの苦手な物は 着陸と編隊飛行である。着陸は未だに方法が分からない。もちろん着陸はするが何時も ラフ・ランディングである。5回に3回はオーバーラン(着陸速度が速すぎて滑走路を突き抜けてしまう)になりそうで急ブレーキ、そしてランディングギアーロックの為機体は前のめりとなり プロペラを破損する。

しかし復活ボタン一つで機体は新品になるのである。そう、パソコンでの話である。実際の飛行機は飛ばした事が無い バーチャル・フライング・キャプテンなAsukalである。

もっぱらレシプロ機が好きである。ジェット機はどうも駄目だ。肉眼で敵を捕捉する前に遥か彼方から追撃ミサイルが追いかけてきて何時も撃墜されるのだ。よってドッグファイトのレシプロに集中する大空の戦士Asukalであった!

殆どのレシプロ戦闘機のPCゲームは手に入れた。その中でも未だに飛ばしているのはJanes WW II Fighterとロシア戦線のIL-2である。

非常にその操縦感覚が実機に近い(と言っても実機なんて操縦した事が無い・・)と勝手に思い込んでいる。またグラフィックが美しいと言うのが理由である。

実は仕事用のPC-Windows XPにHDDを追加して、追加した方のHDDにはWindows98を入れてPCのBiosを呼び出し、起動するOSを選択するようにしてあるのだ。

Windows XPのBoot ManagerやPartation Magicデュアルブートにしても良いような物だが、XPのBoot iniが壊れた際に再構築がやっかいなのでこの様にしている。

そしてWindows98には懐かしのVirtual CD革命を入れてお気に入りのゲームのCDを仮想CDとしてHDDに格納しているのである。最新のゲーム(MSのCombat Flight Sumilator2や3等)は仮想CDにする際にプロテクトエラーがかかりできないが、ちょっと前のものなら可能である。この手元にあるCD革命はwindows98までしか使えない。

(仮想CDは全てレシプロ戦闘機ゲームである、一つだけIsrael Airと言うジェット機ゲーム)

操縦悍(ジョイスティック)も色々使ってみたが、一番相性が良いのはMS のSide winder Force Feed Back Proである。かなり古い操縦悍だが未だに使っている。もちろんXPで自動認識するが専用のユーティリティーソフトがXPに導入できなかったため未だにWindows98が必要なAsukalであった。

さて前置きが長くなったが同志 Flat Spin maniac氏の指導による水平きりもみに挑戦する為に久々に愛機に火を入れたのである。

水平きりもみの正しい方法↓

http://asukal.seesaa.net/article/3106440.html#comment

しかし中々難しいのである。Janesにて挑戦するのだが・・P51ではきりもみには入らない、スピットファイアーでも中々できない。Fw190フォッケウルフでは何とかスピンに持ち込めるのだが水平にならない。機首が下を向いてのスピンである。時間をかけ習得するしかなさそうだ。         

画像=一応片翼を中心軸にしてスピンしているのだが機首が下を向いてしまう。ぜんぜん駄目ジャン!

 


 

IL★2をついでに紹介しよう。これも数年前のゲームで すでに新しいとは言えないが非常に臨場感のあるゲームである。ゲーム上での自分の戦闘が録画でき再生可能なのだ。その再生画面も追跡モードで非常にかっこいい。自分の飛行機が失速したり、反転したりと夢中で操縦した愛機の動きが良く分かる。

面白いのは登場する飛行機である。殆ど日本人には名前の知れれていないロシア(旧ソビエト軍)のレシプロ機である。もちろん東部戦線仕様のドイツ空軍の飛行機にも乗れる。 このゲームのサブタイトル 「Forgetten Battle」と言うのもうなずける。

 

ゲームタイトル画面               ↑トレーラームービー

←タイトルにもなっているソビエト戦闘機 IL-2(でっかい二座だがこれでも戦闘機)

 

 

 

 

←Migである!

 

 

 

 

←La-7

 

 

 

 

 

←L153(水平きりもみ実現の一番候補かも)

その他、当時の米軍の供与機P-39 Cobraや爆撃機も乗れる。

でもソ連の戦闘機はみな豆鉄砲の為、ドイツ機に機銃を命中させても中々落ちてくれない。その点ドイツ機に乗れば20mm/30mmの機関砲で一撃でソ連機を大破させる事ができる。

いいオヤジが・・・と言うのは無しにしていただきたい。



posted by Asukal at 19:53| 香港 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★死の商人、密売サイト開局!★

Fleelink International!

その実態は不明である。分かっている事実はAsukalの同志の一人であり、そして日ごろ日本での諜報活動を進める一人の男が経営しているサイトである。

そこで売られているブツは、日本では中々入手できない海外のGSMの品々、選り抜きの品々である。そうである、日本の同志にこのGSM携帯電話の喜びを分かち与えんと日々活動をする同志のサイトである!

http://www.feelink.co.jp/ さあ、海外にいないから買えないとあきらめている貴方・・

早すぎて女の子にもてない貴方・・・・・・(ちょっと違うけど)

もう一人で悩むのは良そう!さ〜クリック一発で貴方も日本にいながらGSM携帯電話の同志の仲間入りできるのだ!  

いま貴方は問われる!

GSM携帯買いますか?それとも人間やめますか?

 


 

注意;本当はちゃんとした御商売です。怪しかったり危なかったりする御商売ではありませんので安心して御相談、御購入していただけます。

posted by Asukal at 16:25| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★戦い済んで・・・★

Asukalの長征、アジア巡業の旅は終結した。

時は中華人民共和国、五一節(労働節=メーデー)である。そして中国のゴールデンウィークとも言える連休に突入したのだ!

5/1に大陸に戻ったAsukal、その長い旅の疲れで今日まで寝込んでいた。別に病気ではないが過度の疲労で動けなかったのだ。年とともに巡業が体に応えるAsukalであった。

なぜか日本はメーデーは休日とされていない。中国、フィリピン、香港、タイ、ベトナムと諸外国では全て休日なのに日本はそうではない。労働者の地位がまだまだ低いのであろうか?理由は分からぬが諸外国の人々から見れば異様なのであろう。

とにかく疲れたAsukalである。朝起きれば全身を誰かに殴られたような痛みが駆け巡る・・・う〜老体にはこれ以上の巡業は無理なのであろうか・・・・まるで「風に吹かれて」の様に・・How many man must walk down? before you call him a mam・・・

久しぶりに愛犬Chopinと遊んでやろうと庭へでる、喜び狂ったChopinは猛烈な勢いで体当たり同様に抱き付いてくる・・・・30kg以上の体重で体当たりされ抱き疲れると老体は持たない・・・

あ、いつもの事だが半月近く留守にして戻ってくると、出張前には無かったビルがいくつも建っているのには驚く!!もちろん基礎などの工事はしていたのであろうがそのそびえたつ姿は確かに無かったのだが・・・たった半月でその基本の外形を作り上げてしまう中国の建築技術(?)には毎度驚かされてしまう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑立て!万国の労働者!

 

とにかく連休と言う事でゆっくり休めた。その間にたくさんの同志からのメールを受信しているが未処理である。ぼちぼち返事をしていくのでお許しを!

おかげで見ていなかったDVDをまとめて何本も見れた。

Der Untergang

Sky Captain and Tommorow World

Aviator

King Auther である。 また後日報告する。

それと知らないうちにWM2005の24MBメモリー制限の壁が破られており、すでにかの地では126MB ROMフルアクセスが実現していたようだ!すごいぞ同志よ!でも夕べ2003seに書き直してしまったAsukalで、テストはまた後日である・・・

http://forum.xda-developers.com/viewtopic.php?t=20312&postdays=0&postorder=asc&start=0

posted by Asukal at 15:55| 香港 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。