2005年05月16日

★いまさらe-china2002★

今更だが・・・PPC2002用の日中二ヶ国語CABだ!

★PPC2002用日中二ヶ国語化★

Asukal e-china2002.cab    2.3MB

その他のCABもこのあたりにあるが、ダウンロードはだめである!



posted by Asukal at 20:53| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★iPAQ言語書換Asukal Magic★

UpgradeUT.exeとROMイメージを書き換え寸前ですり替え非対応言語のROMを焼き付け方法を確立したAsukalである。 同志Maro氏がその手法を「Asukal Magic」 と名づけて同様の手法にてH3600日本語ROM焼付け、または英語ROM焼付けに成功している。

さてAsukalだがH3700を日本語にした事は良いのだが英語に戻す際に使用するUpgradeUT.exeをだますための H3700用日本語ROMイメージが存在しないので困っていた。そう、 この機種の日本語版は無いのである。

そこで新たな作戦!偽日本語ROMの作成に成功したのである!

さてその偽(インチキ)H3700 日本語ROMイメージを作り読み込ませる方法とは!

今回初公開!Asukal Magicの全容!  ぢゃぢゃぢゃぢゃ〜ん!

★日本語ROM化H3700を英語ROM2002へ戻す方法★

英語用H3700 2002 UpgradeUT.exe を使用
(日本語OS用のUpgradeUT.exeにはバックアップ機能は無い---本当はあるが出てくるタイミングが違う)

1; EnglishフォルダーをJapaneseと改名

2; UpgradeUT.exeを実行しROMバージョンチェックを済ます。
  Model          ;IPAQ H3700
    ROM Version   ;2.14
    Language          ;Japanese
                                                                  と表示される

3;Optionで 「Upgrade]「Backup」「Restore」が出て来たら「Backup」を選択し
  現在の日本語ROMイメージを吸出しH3700Japanese ROMをつくり上げる

↑からBackupを選択しBackupファイル(偽日本語ROMイメージ) を作り上げる

4;バックアップ中98% 間でくるとその後かなり時間がかかるが辛抱。最後にエラーとなる。
しかしバックアップファイルは残っているはずである。バックアップされたROMイメージは  IPAQ214ROM.nbfと言いう名前で保存されるはずである。

H3800の物も作ってみたりした。 実際この場合はDefaultでIPAQROM214.nbfとなる。

 

 

5: エラーとなったIPAQ214ROM.nbfはヘッダーが読み込めないのでバイナリエディターで開きヘッダーを書き込む

img_20050516T162752982.jpg

 

←この部分がエラーの原因である。空白なのである。

「iPAQ 3700-JPN-2.14-3b52---------     ECEC.@」 まで記入する。

これでこの世に存在しないIPAQ H3700日本語OSの偽ROMが作成できた。 これはリストアオプションには使用可能であるがUpgrade用には使えない。

 

そして今度は日本語H3630 UpgradeUTで立ち上げ 「リストア」を選択。そして先ほどの日本語ROMイメージを指定してやる。

6;見事言語とデバイス名が一致するのだ!ここでNextを押すとそのまま先ほどバイナリを書き換えた
日本語イメージを呼んでしまう。このバイナリを書き換えたROMイメージはインチキなので書き込んでしまうと二度と起動しなくなる・・・

ここで読み込めればすでに書き込みが可能になったと言う証拠である!

感動の一瞬である!

 

 

 

7: Nextを押す前にH3700英語ROMを、先ほどのインチキ日本語ROM名にして置き換えてしまうのだ。 インチキROMは適当にリネームすればよい。(ここが最重要である)

8:ここでNextをおす! これでROM書き換えが始まったのである!書き換えに成功すれば英語OSになっているはずである。

この方法を編み出すまでに十数時間の試行錯誤を必要としたのだ!あ〜涙涙!血と汗の結晶なのである!

ががっががっが・・・

しかしAsukalはROMイメージの差し替えをする前にNextをクリックしてしまい、 なんとインチキ日本語ROMを書き込んでしまったのである!

と言うのはNextで即書き換え実行を思っていなかったからである。次のステップがきっとあると信じていたのであるが・・

なんと書き換えが始まってしまいインチキROMを焼き付けてしまった。

かろうじてパロットモードで立ち上がっているが。修復はまた後日とする。復旧可能であろうか???ああ無念!だが確信は持てたのだ! 同志諸君、安く買えるiPAQ3600/3700を入手し遊びまくろう!

死は覚悟の上で!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 17:27| 香港 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★日本語入力標準装備の中国PHS★

ちゃいすぽさんが発見!

中国のPHS(小霊通=シャオ・リン・ドン)が標準で日本語入力の機能を持っているとの事!わずか300元足らずで日本語環境をもった携帯が中国で・・・・恐るべし事実!

北京以外の小霊通でもあるのだろうか・・今まで興味の無かった分野だが調査の価値あり!
posted by Asukal at 10:29| 香港 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★iPAQ H3760英語OSを日本語ROM書換に成功★

iPAQ界では不可能とされていた他の言語ROMの書換に成功したのである

そう、英語OSのマシーンに日本語ROMを書込み日本語OSにしてしまう。 或いはその逆で日本語OSを英語にしてしまう。

不可能であるならば成し遂げてやろう!鳴かせて見せようアイパック・パック!である。

実は先日GETしたiPAQ3760英語OSが今回のモルモットである。

以前から一部の同志の間ではUnixを使った手法で成功はしているようだがAsukalはUnixは苦手である。 もちろん多くの同志も苦手であるばかりで無くUnixを動かす環境すらない方が多い。そこでWindows PCとCompaq (HP)の純正のUpGradeユーティリティーのみで成功させるのが今回の目的であった。

その方法は戦死したiPAQ3600シリーズの方法と同じで良かったのである。しかし先日の失敗はどうやらROMサイズを無視した結果であったようだ。 32MBしかないH6300に32MBのOS領域を必要とする日本語ROMを焼いた為の失敗であった。

詳しい方法; (少し説明が間違っていたのでコメントの方に修正をおいた)

再度分かりやすくまとめるとこういうことだ

1;メーカー配布のUgradeユーティリティーでは

A; デバイスの機種  B:バージョン  C:言語  この3つ関して、 書き換えようとする新しいROMイメージと現在のハードに焼かれているROMを比較しチェックをする。 そしてこの3つが間違いないと判断されたときにそのUpgradeは実行を許可されるのである。

2;よってデバイスのチェックが終わるまで、本来その機種・言語・ バージョンに合ったROMイメージを読み込ませてチェックポイントを通過させる。

左はデバイスチェックで先ほどのA.B.Cが満たされない場合の例である。 言語は合っているが機種名が不一致。ROMバージョンは違っていても殆ど問題ない。機種名か言語が問題である。

どれか一つ違っても駄目なのだ。赤い部分が検出された不一致部分。

 

 

 

 

 

 

3;そしてそのチェックに合うROMイメージ(通常は拡張子nbf) で認識させ合格した後、ROMを書き込む寸前に別のROMイメージ、そう、本来なら合格しないROMイメージに差し替えてやるのだ!

これで殆どのROMは書き換えられる。 ただしやはりハード的にかけ離れたものだと書込みは実行されても起動しなかったりするので中が必要である。 機種は出来るだけ同じ物を使うべし!

この方法は「かわいいオネイサンの呼び込みにつられ、お店に入りテーブルに付くと、 すっげーお化けみたいなオネイサンが隣に座ってきた」的な方法である・・・

お勘定を済まさねば帰る事も出来ないのである。 文句を言って帰ろうとすると怖いオニイサンが出てきてしまうので我慢して最後まで遊ばなければならないのである。

これとまったく同じなのだ! (だいぶ違うけど)

とにかく日本語ROM書換に成功した! 英語OSのH3760にH3600用日本語ROMを焼いたのだ。ちなみにこのH3670とH3600シリーズはハードは、ほぼ共通である。 通常は同じ機種で別言語の書換と解釈して頂きたい。まねは自己責任で!

図解入り説明は↓

Compaq UpdateUt.exeのデバイスチェック回避の方法

posted by Asukal at 02:03| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。