2005年08月31日

★中国移動通信のドイツでのローミング費用★

中国移動通信はローミング先での通話料金、ローミング費用の詳細を自動でSMSで飛ばしてくれるサービスをしている。

もちろんチャージはかからない。

ローミング先で拾ったキャリアーによって違う費用であるが、きちんとそのローミング先キャリアー毎にその通知の内容を送ってくるのである。同時にその地からの国際電話のかけ方、ローミング先へのローカルコールの仕方もである。時には天気までも・・・・

おまけにその滞在地、たとえばドイツの中国大使館、領事館の電話番号まで同時にSMSで通知してくれるのである。ま、中国大使館は我々日本人には関係ないが・・・

 

↑香港のNew Worldへローミング             ↑ドイツでVodafoneへのローミング

ドイツでのローミング先での現地回線への通話の費用は1分間で10.68元、中国へかける場合は+86を頭に付けて、一分間 19.74元、電話の着信通話は一分9.2元。

と言った内容である。今回はGPRSローミング費用は通知されなかった。

 


 

T-Mobileのプリペイドカード

50ユーロで通話(通信)が10ユーロほど含まれて入るようである。(と言うかたったの10ユーロ分・・・)

GPRSの設定はさすがのhw6515はMMS、WAP等すべて自動でドイツT-MobileのSIMを入れ起動すれば読み込んでくれるがO2シリーズはAutoconfigに入っていないため手動設定をしなければならない。

残念ながらこの機能はhw6515の方が上である。

GPRS設定に関しての設定方法はプリペイドカードのマニュアルには見当たらないのでhw6515で自動読み込みさせたものを書きとめ、O2の方に設定し、使用した。

APN: internet.t-d1.de

ユーザー名;t-d1.de

パスワード;t-d1.de   DNS IP; 193.254.160.1

 以上である。MMS設定などは使わないので設定を見ていない。

 実はO2に始めてこのT-MobileのSIMを入れて起動した際、自動でSTK(Sim tool kit=SIM内のアプリ)を起動してくれる。

 起動はするもののO2のWM5.0ではそのSTK内のアプリがそれ以上起動しないので使い道が分からないが、ひょっとしてメニューを見る限り、そのメニューから色んな通信設定が組み込めるのかもしれない。

 後日他の機種でテストして見たい。

←自動で起動されたSTKアプリ、がメニューから先へはWM5.0 チョモランマでは進めなかった・・・

 

 

Asukaly yours!



posted by Asukal at 19:28| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★フランクフルト★

先日からFrankfurt am Mainへ来ている。

同志諸君!励ましのコメントにもなかなか返事ができなく申し訳ない!

前回マニラパケット10万円の事件以来、恐ろしくてGPRS使用を控えてしまっているのである。

なかなか時間が無く、現地のSIMが買えず中国と香港SIMでの活動であったのであるが本日めでたく現地の

 T-MobileのプリペイドSIMをゲットした!と言っても明日からはミラノであるが・・・・

 ちなみにT-MobilのプリペイドSIMは50ユーロである。GPRSのAPNは  internetにしたらすぐにつながったがpopメールになぜか入れない。

 特別な設定が必要なのか?或いはT-Mobile以外のメールサーバーを 受け付けないのか???

 博士からの情報を得る事ができたので、後ほど色々挑戦して見ようと思う。

 

 

 

 

↑ドイツT-MobileのプリペイドSIM、そのままGPRSも可能

 そしてT-Mobileで見たSide Kickである!

 めちゃくちゃかっこいいのであるが・・・辛抱である!

 台湾でUniversalがDopodとして発表されそうと言うことなので、ここは我慢である!

 ううう、

↑サイドキック

 

観光客用の3輪社!なんとT-Mobileカラーの、おまけにライダーもバリバリのT-Mobileユニフォーム(?)

 

↑北海魚料理

そして今夜の晩飯である、北海料理、魚料理しかないレストラン!すばらしく美味である!

毎朝ソーセージ食べすぎでコレステロールがたまり気味の体に優しいのである!

:::::::::::::::::::::::::::::

明日からはミラノ・・・・と言った矢先!博士からSMSにてとんでもない情報!そして指令を受信した!

「貴殿が今、この瞬間にドイツにいる事、それはまさしく運命的なタイミングであり、神の導きであろう!

それは貴殿の宿命である!

9月1日までドイツ国境内に留まるべし!この指令を死守せよ!世界中の同志の運命がかかっている!」

と言った博士からのメッセージ!

しかし、ミラノ行きを遅らせてもう一日ここに滞在するためにはミラノのホテルの変更、フライトの変更など色々クリアーさせねばいけないことが沢山ある!

その指令とは・・・・9月1日までドイツに留まれ!そして・・・・・・・・・

おおおおお、葛藤に苦しむAsukalである!

さて、その指令の事実は・・・・・・ううううううううううううううううううううううううううううううううううう

恐ろしい事実であった・・・

Asukaly yours!

posted by Asukal at 06:11| 香港 ☀| Comment(22) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。