2005年09月03日

★Come sto?★

image/asukal-2005-09-03T01:44:10-1.jpgimage/asukal-2005-09-03T01:44:10-2.jpgホテルへ戻ったらコメントお返事させていただきます。

いま小休止中

Asukaly yours!
posted by Asukal at 01:44| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

★盆ジョーるの★

image/asukal-2005-09-02T16:26:05-1.jpgということでイタリーである。
夕べ夜食でピザ、スパゲティ、寝起きは胃袋ヘビー del むーちょ!

では、ちゃお
Asukaly yours!
posted by Asukal at 16:26| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

★赤い狐の戦利品★

敵国内部深く潜入し、市民の激しいレジスタンスと戦いながらたどり着いたT-Punkt第一目標、Tango・・・

開店と同時に入り込み辺りを見回す・・・無い!物は無いぞ!

店員を装うパツキンのちょっとぼいんなフロイラインに聞く、MDA Proは・・・

「まだ入荷し無いわよ!ほっほっほっほ!」

と赤い狐をあざ笑う! Tangoを飛び出しDeltaへ向かう!

Deltaである!  物は????ふふふ・・・

 赤い狐に失敗は無い!急ぎ手にする赤い狐!

 追手を巻くように急ぎタクシーに乗り込む! 

 飛ばしてくれ、追われているんだとドライバーに告げる。

 「だんな、、なにやらかしたんだい?ただ事じゃありませんね」

 無言の赤い狐!

アジトへ戻った赤い狐、早速ぶつを検証!やはりドイツ語OSである!

キーはQwertzである・・・・たしかにキーボード・・・・

続きを読む
posted by Asukal at 19:51| 香港 🌁| Comment(18) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★作戦完了★

image/asukal-2005-09-01T16:46:57-1.jpg任務を終えて戦利品と共にホテルへと戻る赤い狐!

ふっふっ
Asukaly yours!
posted by Asukal at 16:46| 香港 🌁| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ミッションブリーフィング★

Asukalの後援部隊であり、貴重な情報を提供してくださる博士がどうやらやつらの手に落ちたようである。

バスター氏に成りすましていたようであるが、Nokiaを沢山身につけていた事でやつらに変装がばれた様である。

博士の貴重な情報を無駄にせぬよう、明日のフランクフルト攻略の作戦をねんごろに寝る、赤い狐であった!

完璧である!赤い狐に残された時間は20時間を切っている!失敗は許されない!

これで明日はT-Punkteに一精射激だ!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 04:33| 香港 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Universal前夜祭★

ここ異国の地ににて重大な任務を背負い、一人ドイツ、フランクフルトに潜伏する男があった・・・・

赤い狐・・・・そう、かつてhw6515のROMアップグレードを世界で始めて実現し、世界を震え上がらせ、その後表舞台から姿を消していたその男である・・・・

男の任務は世界中に散らばり戦いを続ける同志たちに先駆け、うわさの名器、もとい、名機UniversalことMDA Pro、そう、ドイツT-Mobileから世界初として発射されると言う超核弾頭級の物体の情報を得ることである。

すでの秒読み体制に入り緊迫した空気が漂うフランクフルトである。

市民はその事実を、まるで知らぬかのように振る舞い、以前博士が立ち寄ったと言う、そしてAsukalも以前、ハイデルベルグへの哲学の道を歩み、ゲーテの思想をトレースするために立ち寄った際にちらりと見た記憶のある、 HauptBahnhof(中央駅)のT-Mobile店も、この重大な日を目前に、大きな力によって跡形も無く消し去られていたのだ。

情報を求め、西へ東へと駆け抜ける赤い狐!

ドイツ市民は共謀してこの赤い狐の工作活動を阻止せんと全力で立ち向かう・・・

中央駅を歩く人々にT-Mobile拠点に付いてたずねるのであるが、誰もが口をつぐんでしまう。

駅の観光案内でさえ、知らないと白を切る。

中央駅周辺の通りをくまなく歩き回り、T-Mobile拠点を探すが見つからない・・・

目に入ってくるのは赤いVodafoneの看板だけであった。

四面楚歌・・・・そう、赤い狐を取り巻く状況、それは厳しいものであった。

いま、かつての同盟国ドイツ国民すべてが赤い狐の敵であった。

途方に暮れる、赤い狐に飢えが襲い掛かる。中央駅のマクドに入り、チキンバーガーとコーラーを頼む、

が店員までも赤い狐の敵なのである。

赤い狐に差し出されたものはチキンバーガーではなく、チキンナゲット、そしてポテトフライまで付けている。

精神的な打撃は大きい・・・・・こうして彼らは確実に赤い狐を弱らせて行こうというのである。

チキンナゲットを頬張りながら遥か離れた香港に居る博士に救援を求める・・

「こちら赤い狐、博士応答願います・・・赤い狐、メーデー!メーデー!じっ」

「同志たちがその貴重な命と引き換えに手に入れる事に成功したマニフェスト、及び拠点所在情報を送信する・・・じっ」

そして博士よりの情報を紙に書き出す。6つほどの住所を紙に書き、中央駅情報センターに持ち込む・・・

どれが一番近い?そしてそこへいくには・・・・そして手に入れた情報、指示通りのトラムに乗り込む。

いつまでたってもその目的の駅に到着しない・・・・

なぜか華僑の老婆が連れた3歳ほどの女の子が玩具を赤い狐の前に落とす・・・拾おうとするが

「罠か???」一瞬戸惑うが子供にはかなわない、罠でもいいと玩具を広い子供に渡す。

喜び老婆の元へ戻る子供、老婆はその子に言う、「おじちゃんありがとうって言わなきゃ」

子供は赤い狐に向かって言う・・「おじちゃんありがとう!」・・・

なぜだ!なぜこの異国の地ドイツに来てまでも北京語なのだっ?

老婆は続けて言う、「おまいさん、名は何て言うんだい?」 返事が遅れる赤い狐にさらに言う・・

「広東語の方が良いかい?」・・・いや、北京語で良いと答える赤い狐。

「そうかい、どこの出身なんだい?お若いの・・・・」

・・・・・・いや俺は福建省だ・・・答える赤い狐、さらに「ばあちゃんは?」と問い返してしまう赤い狐・・・

やつらの思う壺だ!もうすでに罠の中に半分引きづりこまれて居る

「わしゃ海南じゃが、息子の嫁が福建省じゃ・・・長いのかいドイツは?ところで名前は何て言うんだい」

いや、3日だけ、名は劉・・・・おじょうちゃんお名前は?・・・泥沼にはまっていく赤い狐であった。

老婆が言う「陳、梅、みみへんの陳と梅じゃよ・・・」 、孫娘も言う「違うよばあちゃん、メイメイだよわたし」

う、もうだめだ、もういくつも駅を過ぎているが目的の駅を通らない、或いはこの老婆と孫ムスメの策略で

駅名のアナウンスを聞き逃したのか・・・

そして次の駅でその華僑の老婆と孫娘は降りていく、「おじちゃんバイバイっ」

完璧な罠である!すでに40分は乗っている、

8月末のドイツにしてはうだるような暑い日である・・・やっとの事でたどり着いた目的地。

何と小さな町であろう。。タクシーも無い、まるで町中の住人がすべて赤い狐を撃退しようと手を取り合っているような雰囲気である。

何も無い町である、とぼとぼ暑い日差しの中を歩き拠点を探す、何と博士の情報では16時までとなっていたその拠点は、3時半にはすでに閉店である・・

やはり町中が敵の様である。町中知らない人はいないと言った様な小さな町である。

あの情報センターから赤い狐が向かったと連絡が入り、そして閉店したに違いない。

情報によるとほとんどの拠点は16時閉店である。今から中央駅に戻って他の拠点に向かっても間に合わないはずである。

この状況を博士に報告する赤い狐、怪しい東洋人が道端にしゃがみ込みhw6515を取り出しメッセージを打つ姿は、非常に怪しい・・・・道行く住人たちの疑惑の目・・・

警察に通報される前に引き返す事を決める赤い狐!

タクシーが走って居ない街、先ほど乗ってきたトラムも15分に一本しかない・・・・

あせる赤い狐、命からがらで中央駅まで戻り、そのままタクシーでホテルに戻るのであった。

よって何も情報を得ることができなかったのである!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 01:26| 香港 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。