2005年09月17日

★NetFront on JASJAR★

ヌルズの無いJasjarでNetfrontはいかに?

認識しないままで日本語、中国語、韓国語対応ヌルズを上書きしてNetFrontを入れて見た。

勿論フォントは3ヶ国語対応!

インストーラーからもCABからも導入は出来ない。

CABを解析してレジストリ、ファイルやフォルダーの配置を読み取りそれらに必要なフォルダーをつくり

それぞれのファイルを放り込んでソフトリセットだ!

 見事起動したNetfront32である!

 しかしどうやら自動接続のロジックが今までのOSと違うのか、

 自動でネット接続開始は出来ないようである。

 接続のアイコンからも接続が出来ない。

 ま、起動しただけ良いか・・・

 

 

見事起動するNetFront32

 さ、やっとの事でサイトを呼び出す!

 エンコードもメニュー上には日本語各コード、

 そしてGB / Big中国語、韓国語コードが表示!

 

 

 

 

↑サイトにつながる!エンコードも登場!

 残念ながらどのコードにしても文字化けしてしまう

 悲しい我がサイト!

 結局、残念では有るがエンjコード出来ないようである!

 表示に出てくる各国エンコードは、なんだったのか?

 ブラウザーにはエンコード機能は無く、ヌルズ依存か?

 無念! さて今から寝るぞ!

 

↑どのエンコードでも化けてしまう!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 06:56| 香港 | Comment(7) | TrackBack(0) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★JasJarで日本語サイトにアクセス成功!★

じっと考えていたのである。

ヌルズが無ければ対応言語のサイトを開くことが出来ない・・・・・

でもMinimoはWM5.0のOSでは無い、決死てヌルズを無視はしないはずである。

ここで一発!ストライクっ! ((ふ、古い、古すぎ、わかんねぇ〜だろぅなぁ〜また古!)

とにかくOSが無視していようがかまわない、ヌルズを入れた状態でテストしたかった!

Jasjarをハードリセット!そしてe-China No,5で日中フォントとヌルズを放り込み環境を整える!

ぢぁ〜ん!  思ったとおりである! 中国語も日本語も読み込んでいるぞ!

 

↑起動時なぜか中国Google                        ↑日本語サイトをめでたく表示!

さすがだ!Asukal!仕事もろくにせず取り組んでいただけの事は有る!

ブラボー!ハラショー!ドロボー! Asukal!

しかしこのブラウザー、ブラウザー自体のサイズが8MBほど有る、SDにいれて起動できるが

@その速度は実用的では無い。

@そして本来は下にメニューアイコンが出て、何がしらのオプション、

たとえば文字サイズや画面の表示法など有るはずだが現れない!

@ なんと起動しているだけでプログラムメモリが残り10MBになってしまう。

日本語ブラウジングが出来たの嬉しいが、残念な事に非実用的である。

だが道は開けた!

例えこのままヌルズが置き換えられ無くても、もうすぐリリースされるであろう、Opera for WMや、

今後も進化していくであろうMinimo、そのうちにはWM5対応となるNetfrontが、上書きされ、 OSには認識されない

ヌルズの地域の設定を義理堅く読み込み、エンコードしてくれるに違いない!

そう信じようでは無いか!

(上記のブラウザーがヌルズを読み込んでいると言うのはAsukalの仮説であり、事実とは限らない。 Minimo自体もエンコード関係のライブラリを持っているので、Minimo自身でエンコードしているのかもしれない)

 


 再度PS:

 その後ヌルズの無い状態で再度起動したらなんと日本語、

 中国語サイトへと入れた!

 Asukalの仮説は間違っていた!

 Minimo自体が立派にエンコードをしているぞ!

 

 

 

 

↑ヌルズの無い状態でエンコードしていた!

Asukaly yours!

 

posted by Asukal at 02:17| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。