2005年09月23日

★もう一つのOpera on Jasjar★

昨日日本語表示の成功したOpera for Smart Phoneである。

たった一つ灘を言えば、そのブラウザー上からの記事への投稿などに問題が有る。

英語モードで入力すると何故か一度のタイプ(タップ) で二度タイプした事になってしまう!

そしてBack Spaceをたたくと、何故か「口」 マークになってしまうのである!

(昨日の記事のAsukalのテスト投稿を参考に)

そこで他に何かないかとサイトをさまよっていたらなんとOpera Miniに出会ったのである!

そう、opera.jas 形式のアプリ、これはNokiaのOS等用の拡張子であるが・・・

・実はこの形式のJavaアプリはPPC Phoneに付いている

MidLetと言うアプリで取り扱えるのである!

★と言う事で早速導入!★ 

おお!日本語も中国語も表示できるではないか!

 

↑Midlet managerから起動                 ↑Portrate画面である!

 

 ←はランドスケープでの中国語表示!

 Opera for Smart Phoneより動きも快適である。

 画面のリンクへのタップも可能である!

 サイトへの書き込みも可能である!

 ただテスト時はComPoboxが起動しない状態だった。

 

よってローマ字のテストである。

 

 

続きを読む


posted by Asukal at 16:13| 香港 ☁| Comment(11) | TrackBack(3) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★jasjarで日本語PDF★

さてWM5.0になってから128MB メモリーは、 絵に書いた餅となってしまった!

ユーザーが使える40MBに満たない、わずかなメモリをいたわりつつ、 アプリを厳選しなければならないのである。

PDFを見るには定番のAcrobat Readerが有る、しかしそのサイズはかなり大きく、

その使用頻度を考えると勘弁して欲しいのだ!

そこでJasjarに標準でついてくるPDF Viwerを使おうではないか!

以前にも紹介しているので参考にして欲しい!    

(ソース=DLし解凍した物をWindows フォルダーに入れるだけ)

 ハイこのとおり!

 是でかなりメモリの節約が出来たと言う物である!

 再現の精度はAcrobat Readerには及ばぬが、

 取り合えず内容を確認する事ぐらいは出来るので

 ま、許したまえ!

 これで取り合えずヌルズが書き換えられるようになるまで

 インターネット、メールも何とか^_^;・・・

 Officeも何とか日本語対応出来たのでJasjjarを実用に持っていけるだろう!

 

取り合えず一日も早く実用化したいと言うものである。

ヌルズに関してはすでにAsukalのアマチュアとしての技量では対応できないレベルの問題で有ると言う事は明らかである!

ここを楽しみにして頂いている同志諸君にはちょっとがっかりであろうが、それが事実である・・・・

勿論毎日その件に関しては色んな解析、分析はしているがAsukalに出来る事は限られているのだ!

ひそかに名プログラマーがこの案件に乗り出している。

そのあたりに期待をしようではないか!

が、あきらめてはいないので今までどおり何か情報が有ればタレコミや密告は大歓迎である!

では!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 01:42| 香港 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Opera日本語表示成功★

★導入方の修正とまとめ★

1)普通にインストールする(CABからの導入でもOK).


2)インストールした直後は
 \Application Data\Opera…(A)
 \Program Files\Opera…(B)  の2つのフォルダができる.


3) とりあえずOperaを起動すると14日の使用期間表示に続いてOperaが立ち上がるが,

  画面には何も表示されないので終了する. OKボタンで終わらせずMenuからExitで。


4)ここで  \Storage\Application Data\Opera ができるので,

\Storageの下に(A)をコピーする (ムーブするとうまく動かない).


5)再度Operaを起動するとちゃんと起動画面が表示される.


6)表示されないときは3)で終了していなかったと思われるので, 手っ取り早くソフトリセットしてみる.

 (参考)全てStorage\Application Data\Operaへ移動した後

 Root\Application Data\Operaから削除してもかまわないファイル、

 フォルダーが有るが必ず残さねばならないファイルと

 フォルダーが有る。(左画像参照)

 これ以外のファイル、フォルダーはStorage\Application Data\Opera

 へ移動した後はRootのフォルダーから消しても良い。

 

 

 

 


 

昨日日本語の表示に失敗したMS Smart Phone用のインターネット・ブラウザー

Operaである。

急遽 同志 Muni62氏に応援を求めたのであるが、 実機が無いためすぐには解決策は見つからなかった様だ。

  そこで今朝、 うちのルーキー君がAsukalの中国移動通信VIPカードのマイレージで手に入 れたSmart PhoneにOperaを放り込んで、UniversalのOperaとのファイル構造、そしてレジストリ構造を比較して見た!

 なんと簡単な結末・・・・

←MS Smart PhoneのOpera

 通常Smart PhoneはROMファイルと同じ場所にアクセスは出来ない。

 よってインストールされるアプリは \Storageへと導入される仕組みになっているのである。

 \Storage内にはProgram Filesフォルダーや\windows\フォルダーが有り、

 

  実際のフォルダーの影武者の様な役目をしているのだ!

さてOperaだ。

 MS Smart Phoneでは

  \Storage\Application Data\Opera\ というフォルダーへ全て導入される。

 Universalでは

 ルートProgram Files\Application Data\Opera\  にインストールされる。が、良く見ると

 ルートにもう一つStorageと言う新しいフォルダーが作られ、その中にさらに

 Application Data\Opera\が出来ている。

 インストールフォルダーが二箇所に分散されていたのだ。

 *2箇所に分散されてインストールされてしまうOpera

 

このルートProgram Files\Application Data\Opera\内のファイル全てを

\Storage\Application Data\Opera\ へと引越しするだけである。

それだけで日本語のフォントを読み込んでくれるのである!

↑日本語表示の出来たOpera

↑中国語も大丈夫!

Asukaly yours! またしてもブラボー!ドロボー!

posted by Asukal at 01:04| 香港 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。