2005年11月22日

★Universalを快適に★

Universalにおける日本語環境での問題点を改善する為のアプリである。

英国のじぃ〜氏により開発されている数あるZシリーズの内二つが公開されている。

加えてKOTETU氏によるAtokがDefaul SIPになった時にそのままソフトリセットした場合の問題を

回避するアプリ「DefSipChange」もバージョンアップされたので紹介させていただきたい。

 


 

★英国のじぃ〜氏 Zシリーズ

1; PQz: 日本語入力IEMキーボード支援アプリ

日本語IEM <Atok等>のハードキーボードによるオン・ オフの制御やCtrl / Altキーの割り当て。

Atokの予測変換候補のキーボードによる選択と入力等

詳しい使い方はモバチキ氏のサイトを参照にされたし!

↑PQzのキー割り当てなどの設定画面

2;SIPz : SIPキーボードの切り替えが出来なくなる不具合を改善。

 起動時に登録されているSIPを全てロードして置き、

 切り替えが出来なくならないようにする。

 


 

★KOTETU氏のDefSipChange.exe 1.02

 Atok導入時やAtok設定画面を開いた後、 ATOKが自動でデフォルトSIPにされてしまったままのソフトリセット後に

起こる問題から復旧させるためのアプリである。

上記の場合、ソフトリセット後の起動時にStartupから呼び出されデフォルトSIPを設定しなおすダイアログが

現れ、そこからソフトリセットをもう一度行い、問題発生を未然に防ぎ復旧させる。

↑起動時にデフォルトSIPの選択を促してくれる(Atokがデフォルトになってしまった場合のみ起動)

 


 

これらのアプリのおかげでじゃじゃ馬 Universalがかなり日本語環境に調教されてくる。

ここでは概要の説明だけである。導入方法や使用方法は各作者の方々のサイトを良く読んで

その目的や使用方法を十分理解の上使用すること。

目的と使用方法を理解せず使用すると、 せっかくの優秀なアプリを有効に使えないばかりか

作者の方々の意図と違った結果になる。

そんな残念な事にならない様、作者の方々に感謝と敬意を示す意味でも十分理解の上使用すべし!

以上! 感謝!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 14:04| 香港 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。