2006年03月21日

★祖国之希望・零参号-藍牙革命(改)★

歴史を覆す大革命!

祖国でのPDAを絶滅の危機から救い出すかも知れぬ、零参号にて藍牙を搭載すると言う野望・・・

ここに進化版が登場するのである!

先ほど「真功夫」で夕食を食しながら考えるAsukalである。

PDA (Pocket PC)デバイスが日本での市場から姿を消していく。。。。

それは決して、進化した携帯電話にPDAが駆逐されたのではない

或いはユーザーが携帯電話で十分であると離れたのではない

これはメーカー側の勝手な思い込みであり、そしてキャリアーがユーザーの希望を無視した

キャリーにとっての都合の良い「高性能」なデバイスに力を注ぎ、

PDAを求めるユーザーを見捨てていった結果に他ならないのである!

今回の祖国之希望・ 零参号の市場での成功がその証拠であり、また事実を物語っているのであろう!

しかし、その成功を見て、大慌てで二匹目のドジョウを求める他のキャリアーの姿は、、、

その姿はさらに滑稽に「勝手さ」 を暴露している様にしか見られないのはAsukalだけであろうか・・・

まぁ。勝手であろうが、滑稽であろうが、PDA或いはPDA Phoneが祖国の市場で多く見られるようになる事自体は

非常に喜ばしいことであると感じてもいる。

今後のデバイスがあんまり勝手で滑稽な仕様で、 祖国の同志達を失望させぬよう願いたいものである。

↑背後から見た図

今回のこの 「海外にいる同志たちにもこの零参号でダイアルアップを可能に」しようと、

kuro同志の協力で成功した「実験段階」 の第一革命よりもかなり実用的に近づいた形状の

MiniSD-SDアダプターのプロトタイプが完成したのである。

フレキシブルなフラットケーブルで取り回しにかなり自由が出来てきた。

当初この実験的革命が遂行されるに当たり、実機を持たぬAsukalの為に

香港の同志 TJ-氏の所属する「亜洲モバイル人柱隊」直属の 

「浪速の運び屋Yoshi」 氏によって香港を経由し、

そして大陸にいるAsukalのもとに届けられたのである。

アジア全土の同志達の協力の下に進められるこの革命の行方!

目標は!「何時でも、どこでも、誰とでも藍牙通信」 なのである!

現在はAsukalが帰国の際に入手したもう一台の零参号機、そして運び屋Yoshi氏によるもう一台が

kuro氏の手元にとそれぞれ革命成就の為にハード部門、ソフト部門とゆだねられているのである。

Askaly yours!

続きを読む
posted by Asukal at 23:49| 香港 🌁| Comment(4) | Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。