2006年06月09日

★びっくり仰天!ひっそり昇天★

さて夕べからAsukalの睡眠を奪いデスクに釘付けにしているこの発見!

非日本語機での日本語化における

日本語Shell Folder日本語名のメニューアイコンを自動で作成する手法!

いや、Frame NetworkやC+やそんな難しい話ではない。Visual StudioもPlat Form Builderも何も

要らないのである!

実はWM5はこれをテキストエディターでいとも簡単に出来てしまう仕組みを持っていたのだ!

まさに大発見である!まさに!大革命といっても過言ではないであろう!

もちろん話はROM焼きの話ではなく、単にmuiファイルを放り込み、 細かいレジストリを書き換えて

の場合である!

日本語ROM作成を手がけた時に、2バイト文字のShellフォルダーやその他の

ローカライズ・フォルダーを作る仕組みを探していた時に発見した二つのファイル!

initobj.dat
initflashfiles.dat

がある!これはROM内から起動時にこれらを読み込んでローカル言語のShell folder「個人用」

等のフォルダーを作ってくれる情報を持っているファイルである!
initflashfiles.datに関してはROMをDumpしたり、

或いはファイラーでwindowsフォルダーに見つける事し、コピーも可能である。

initobj.datに関してはXIP領域、或いはkernel領域と呼ぶのだろうか、専門家ではないが定かではない

がとにかく別の領域にあり、通常のdumpでは見つけることが出来ない。

まあこの場合重要ではないので説明は省く。

今回の大発見!とは。。。

カワグチ・ヒロシのようにじらすのである!はよいえよ! と言うその

同志の期待を裏切るかのように・・・・・・

なんと!initflashfiles.datを日本語フォルダーに編集してinitobj.datと改名!

そしてwindowsフォルダーに放り込めば!再起動後勝手に日本語Shell folderが形成されるのだ!

すなわち、「スタート」「プログラム」&「設定」  そしてプログラムのアイコン名も日本語に!

もちろん「お気に入り」「スタートアップ」 My Documenst内部の

「個人」 「会社関係 (取引先)」 「マイ ミュージック」  と言ったフォルダーも日本語で出来てしまう!

奇跡だ! プログラムのかけないAsukalはこのShell folderの自動形成のすべが無く、

英語機をROM焼きでなく、単なるファイルコピーでする際には全て手動で作成していたのだが!

この手法さえ使えば何の苦労も要らない!

@initflashfiles.datを英語デバイスから取り出す!

@テキストエディターで編集して、initobj.datと改名、

@Windowsフォルダーに放り込未ソフトリセットするだけだ!

これを革命と言わずなんと言う!大発見で夕べからこの件に取り掛かり殆ど寝ていない状況だ!

興奮の渦は下半身の機能さえ麻痺させてしまったようだ!<意味不明?>

ドイツ語のinitobj.datをドイツ語のShell Folder,中国gpのもを入れればもちろん中国語の、

イタリア語の物を入れればイタリア語の!次々と作り上げていく!

↑、日本、中国、ドイツ語、イタリア語、英語と全て自動で出来たShell Folderだ!

ただし!・・・・通常のショートカット日本語名を入れていてはうまくアイコンが

アサインされないばかりか、、、出てこないアイコンまである!

この辺りはなぞであるが、、、そのショートカット名(プログラムアイコンの)

を一つずつ、予測して(?)書き直し、Shell Folderを一旦削除!そしてリセット、、、

これを数百回繰り返し、、、何とか全てのアイコンが出来てくるようになったのだ!

何度も書き直しリセット、なぜショートカット名が通常の日本語OSと違う日本語なのか不明であるが、、

とにかく一筋縄ではいかないが、、完成させれば後は自由にShell Folderをコピペだけで作ることが可能となる!

Asukaly yours!

続きを読む
posted by Asukal at 05:39| 香港 ☁| Comment(1) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★およびでない!★

Universal等、WM5デバイスのshellressの置き換えや、その他の

日本語化でinitialの失敗でなぜか「ようこそ画面」 がStartUpに張り付いて、

毎回ソフトリセットの度に歯医者の予約を確認せねばならぬという問題に

直面している同志が結構いるようである!

英語機以外を日本語化した場合に発生することが多いようである。

StartUpフォルダーへ行きwelcome.exeを削除すればよい物であるが面倒である。

そこでこれを削除できるCABを作ってみた!

名づけて・・・

You are not welcome.cabである。

U_R_NO_WCOME.cab

Extromから導入させれば自動で消してくれるはず・・・・

Asukaly yours!

posted by Asukal at 01:07| 香港 ☁| Comment(1) | Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。