2006年07月26日

★覚書・伝令兵hw6915★

★ハードリセット方法

電源ボタン+電話(赤)+電話(青)+浣腸

★Bootloader

左メニュ−ボタン+右メニューボタン+浣腸

おまけ;

★ソフトリセットからToday画面までの所要時間=40秒!速い!

(reloadnls+Program Menu+PHM TaskLunch + STK<16 SIM>+battery States等数種類読み込み)

Asukaly yours!

posted by Asukal at 16:19| 香港 ☁| Comment(8) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★目標座標!四x九/八x九!よ〜そろ〜〜★

Asukalの新参・伝令兵、hw6915であるが、 以前にも報告したようにUK版の為に

搭載されている戦略電子羅針盤はTOM・TOMである。

そのUbamgi Stunpの様な名前の戦略電子羅針盤の良し悪しはさておいて

とにかくこの極東の地では使えないのはいたしかのない事である。

古参・伝令兵用に開発された「地図之王-第七版」 を導入して使えなくもない。

と言うよりまったく問題なく使えている。ただし固体のIDが違う為に再度ちづデータを

購入する必要があるのだ。もちろん大富豪・Asukal男爵はシンセン及び香港の戦略電子羅針盤用

ちづを購入したのである。

しかし越南人民共和国・河内駐屯中のSiam_Breeze同志の情報によると、

極東版・伝令兵hw6965にはMap King G10なる新型の電子羅針盤が搭載されているという。

昨日から捜索に取り掛かっているのだが、Map Kingのサイトでどれだけ探してみても

見つからないのである!

しかし本日、何をとち狂ったのか、地図之王 第七版-馬尼羅 ぢづを購入したらば、その

書庫の中にMap King G10のDL先リンクがひっそりと隠されているのを発見!

早速DLである!

もちろんhw6965用に最適化されたG10が有った!

 

 かなりPOPなインターフェイスとなったG10である。

しかしちづデータのDL先が未だ発見できていないでまったくちづ無しの状態である。

もちろんDemoデータは入っているが。

以前から気になっていたPapa GOと言うこれも台湾の電子羅針盤がある。

インターフェイスがまったくそっくりなので同じソフトではないかと疑い、アメリカ在住の

台胞(なんでやねん)に問い合わせると、開発元(会社)は同じのはず!と言う。

そうか!Papa Go GoとMap Kingはセドリックとグロリアみたいな物?

早速PAPA GOのサイトからデータを落とそうとするが、遅い!

ゲートウェイの対岸に対するフィルターが原因かどうかは定かではないが!

8MBのちづデータに1時間! なんじゃいこれは!まだ落とせない!

オマケに何度やっても途中で切断されてしまう!

と言う事でまだ試せていないのである。

しかし、ちづがなくても楽しめるのがG10である。 なんとコンパスモード(方位磁石?)が

有るではないか!

 

おお!これは良い!ちづがなくても、あるはちづを持っていない地域でもこの

戦略電子羅針盤の使い道があるではないか! 衛星の情報を元に稼動しているので

とりあえず間違いはないだろう!Map King G10のソフト自体は無料なので

ちづ無しでならばまったく費用を要せず、このコンパスが使えるのだ!

ちょっと得した気分!

Asukaly yours!

関連サイト

Map KING G10
http://www2.mapking.com/en/GetSoftware.htm

Mactiontech (Papa GO G10)
http://www.mactiontech.com/

Map Data
http://www.papago.com.tw/

 

posted by Asukal at 04:30| 香港 ☁| Comment(4) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Recht und Links★

かつて我が祖国も中華圏も文字を横書きにする場合は

右から左へと書いていった物である(って記憶はないけど・・)

今でも古い香港映画を見れば時折見られる右から左への中国語字幕。

英語の字幕も同時に出ていたりして英語は左から右、 中国語を同時に読もうとすると

右から左!そう!メン玉はロンドンパリどころではないのだ!

マドリッド・モスクワほどになってしまう。

まあそんな事はどうでも良いが、実は今も右から左へ文字をつづる文化があるのである。

Asukalの知る所ではアラビア語、ヘブライ語などがあるのだ!

これはコンピューターの世界ではBi-Direction Languageとか、Right2Left Languageと呼ばれ

一応MSのサイトでも説明はあるものの、さっぱり分らんのである!

リソースを書き換ようとするとPC上では勝手に右から左へと記入されていくのであるが

muiにしてPPCに入れると左から右へとなってしまう。。。

要するにAsukalの作った言語切換MUIでは文字はすべて左から右へと表記されてしまう。

アラビア語やヘブライは反対にならないと駄目だよ~~んとかの地からお叱りが来る・・

要するにAsukalの作った物ではヘブライ語やアラビア語を使用する彼らから見ると

「こんにちは!おじょうさん」 となるべき所が

「んさうょじお!はちにんこ」 見たいな感じになるらしい!

または「だんながなんだ」「だんながなんだ」になってしまったり

「だんすがすんだ」 「だんすがすんだ」に見えるらしい!\(◎o◎)/!

と言う事でなぜか週末よりアラブ人と仲良くのそのRigth to Left言語

表示に挑戦しているAsukalなのである。

まあアラビア語は使う事もないだろうけど、これも一つの挑戦なのである!

Asukaly yorus!

posted by Asukal at 01:37| 香港 ☀| Comment(0) | Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。