2006年05月24日

★サルマータ・合体★

サルマータ愛国一号がHimlayaであった時代より気になっていたブツが有った!

Himalayに合体させるBack Packである。

CFスロット+VGAモニター出力端子を持つBack Packである。

もちろんバッテリも組み込んであり標準のバッテリをはずす事無くそのまま装着する為

バッテリーも大容量になると言う仕組みである、がその価格は日本円で2万ほどするという

恐ろしいブツであったため手が出せなかったのだ。

考えてみればSD/IO対応のSDスロットを持っているHimalayaである。

BTも内蔵、、、、何をCFカードで使ったら良いのか分らなかったので好奇心だけで買うには

高すぎるおもちゃであったのが理由である。

が先日中古のそのブツを発見!

価格は200元と安くは無いがもちろん2万に比べれば安い物と早速ゲット!

もちろん購入時には装着して認識可能であるかテストする!

認識可能である!任務開始だ!!

 米老鼠のステッカーが只者ではないことを物語っていた・・・・

が、しかし自宅に戻り検証の為に再度合体させるが。。。何度やっても認識しない!

認識しないばかりかOSが固まってうんともすんとも言わぬ。。。フリーズするのだ!

何十回と合体と分離を繰り返すが結果は同じ!

電源を落とした状態で合体、そして起動もさせるが一切認識せず!起動時にフリーズし

起動もままならぬ!WM5のサルマータではうまく機能しないのかとPPC2003のままの

番頭のHimalayaに合体させるが結果は同じ・・・・う〜〜ん!困ったぞ!

back Packをばらして再度合体させるが、、、あああああああ認識だ!

そう、合体→起動時にアクションボタンを押す。。。これで認識したのだ!

そうか、購入時合体させた際に何かの間違いでこの動作をしていたのだキット!

と言う事で認識の方法も分ったが。。。

CFメモリーを入れても認識しない・・・

CFモデムやCF LANカードも認識しない! ただし

 

 電源の管理にタブが一つ増えてbackpack battryだけは

 システムが認識しているようだ(>_<)

 うう、これは。サルマータがWM5なるゆえか?

 或いはこのBack Packが壊れているのか・・・

 うう、またも貧乏くじをひいたAsukalなのか・・・

 

 

 

↑ Back Packのタブが追加される

が、追加バッテリにしては大きすぎるし・・・どうするかな?

↑ かなり巨大化するが、何にも役に立たなかったのだ!

 

 が後ほど番頭のPPC2003で

 装着認識させてると、、

 CFメモリーはメモリーカードとしいて

 認識され使用可能であった!

 CFカードモデム(電話線さすやつ)も

 へインズ互換として認識稼動。。。

 

 

↑ PPC2003ではCFスロットにさしたCFメモリーが使えた・・

 う、やはりシック・ハック OSのサルマータにはドライバーが実装されていないようであった!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 15:47| 香港 ☔| Comment(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。