2005年03月24日

★WM2005の日本語・中国語★

WM2005のROMを焼き付けたHimalayaだが日本語化に必要不可欠なwince.nlsの置き換えが出来ない。

Activesyncを使いPCのエキスプローラーから、GSfinderを使いデバイス上からも全てはじかれる。読み取り専用の保護ファイルのために書き換えは出来ないとえらー表示が出る。

これは@別バージョンの、そうM2005対応のwince.nlsなら可能なのか?或いは今使っているWM2003対応なの物でも書き込みの方法を考えれば置き換え可能なのか?

今後の課題である。これが出来ないとメールやインターネットのエンコードが出来ず日本語や中国語が表示されないのである。もちろんnPOPQ等でも日本語は表示されず化けてしまう。

ただし日本語・中国語等の対応のフォントを入れレジストリでシステムフォントをそれらにしておけば日本語・中国語の表示は可能であるのだ。

この状態でメールは化けるがなぜかSMSだけは化けずに日中の東洋文字を表示することが可能である。

もう一つエンコード(地域の設定)で日本の地域設定にしてなければ日本語入力のソフトも導入できないのである

ComPOBOX系、Documa,Atok等考えられる日本語入力のソフトを入れたがだめである。起動しなかったり文字化けしたり、色んな原因があるがとにかくwince.nlsが無い今、手の施しようが無い。

中国語入力も手書き系はタッチスクリーンのドライバーとの兼ね合いか、導入したとたんにタッチスクリーンがスタイラスを受け付けない、そしてハードリセットを強いられるのだ。他にも色んな入力ソフトを入れたいが残念ながらその恐ろしいほど少ないメモリーには入れることの出来るソフトはないのである。 

Effyも入れてみたがだめである。 そこで思い出したのが日本語携帯電話キー入力のAsukalがモデファイしたBilmkeyを思い出した。これはキーに文字コードを直接割り当てているのでエンコードは関係ないような予感がしたのだ!

予想は当たった!さすがはAsukalだ!(自分で言う)

表示されている文字は日中混合フォントであるのでかなが少し純日本語フォントに比べると崩れているが使えぬ範囲ではない。

ひらがな、カタカナしか入力は出来ないが日本語がまったく入力出来ないよりはましであるはずだ。これで日本語・中国語のSMSの受信、そして日本語でのSMSの送信までは完成した。

後は中国語のSMSを送信できるように出来ればもう言うことはない(当面は)。

とにかく新wince.nlsの登場か現存のwince.nlsを強制的に書き込む方法さえ見つかればネットもメールも日本語・中国語、そして日中入力も可能になるのだ!う〜ん何とかしたい物だ!

昨晩明け方までWM2005化に挑戦し、今朝も早起きしてしまった。昼寝は当然出来なかった。年寄りには睡眠が大切だ!ねむじよ!

 

 



posted by Asukal at 01:30| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。