2005年03月24日

★ババ抜きビンゴ★

さて中国大陸全土で繰り広げられている暗黒のババ抜きゲーム、久々にババを引いてしまったのだ!
参考文献→http://asukal.seesaa.net/article/748972.html

さて今回のババは20元紙幣であった。
いつもらったかも記憶に無い。これはかなり品質の悪いババであり色合いからも、手触りからでも一発で分かるすこし低レベルなババである。にもかかわらず、手にしてしまったAsukalである。
これだけ品質が悪いと次の誰かにはなかなか手渡せないのである。みんな手ごわいのだ!また記念に誰か同志に上げよう!
Fakemonney2 (小).jpg

↑上側が本物で下側がババ20元である。画像クリックで拡大
posted by Asukal at 18:18| 香港 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国聊天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
50元札は気をつけてるからすぐに気づくけど
20元札はノーマークですよね、偽札少ないし。
逆に渡しやすいかも。

1元硬貨のニセモノも多いですよね。今までで
一番笑えたのは、メッキも何にもしてないただの
鉛の1元玉。重さを量ったら重さも全然違いました。
Posted by Johnny at 2005年03月25日 09:50
鉛の一元はまだ経験無いですが(^^ゞ
ほとんど硬貨は5枚以下の場合はおつりでもそのまま上げてしまいますので。(硬貨恐怖症)

この20元札、最近急激に出回っているそうです。従業員がニュースで見たと言っていました。実物よりは多少小さいです。
大きな紙幣はみな気をつけるので最近20/10/5元の小額にターゲットが向けられているような!

お互い気をつけましょう。
Posted by Asukal at 2005年03月25日 10:23
硬貨のおつりをそのまま残すとはブルジョア。
ぼくも香港でサービスチャージとってないとこではそうするようにしてますが。

20元札気をつけます。

ちなみに、1元硬貨のニセモノはちゃんとメッキしてあるのもあって、
見た目的にはあんまりわかんないんですが、やっぱり重さが違います。

で、すごいのはバスの車掌とか一瞬で見破るんですよね。「これはダメ」とか言われて、家に帰って
重さを量ってみると多少ニセモノの方が軽いんですけど、
手にもっとたくさん硬貨を持ってる状態であの0.何ミリの違いを
判別できるってのはすごいと思いましたw
Posted by Johnny at 2005年03月25日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。