2005年04月11日

★半日でも★

駐加陣明協輪国の人民は歴史上長い間デモ/集会を禁じられてきた。

最近になり多少緩やかになりある意味ではデモや集会が黙認されるようになった。それも政治に絡んでない民間の問題に対してのみである。長い間それを経験していない民衆は本来のその意味や方法に対して幼稚な知識しか持たない。

そういった機会があれば変な使命感や興味で参加してしまう。

そんな民衆を扇動するのは簡単である。数人の教育された国家機関の扇動員があおればいとも簡単に民衆はお祭りに参加する。

Asukalの考えでは民間にそのような(半日感情があったとしても)自ら政治的な運動を起こし警察隊を目の前にして行動を起こすだけの強い物/勇気は無いと想像される。それは点案紋広場の経験で知っているはずだ。

ある意味では警察隊に守られ、国家の扇動員に導かれ安心して参加できる芝居/お祭りでしかないと。サッカーゲームの時もそうであったはずだ。

今回の問題発生後、実際日常の生活で国籍を理由にいやな思いをした事はほとんど無い。あくまでもAsukalの生活行動範囲での話である。

わが母国は政治的な策略や罠/芝居を打つことを習慣としない、できなくされてきた国家である。しかし他の国々では日常茶判事である事をわが母国の政府も見極めるべきであろう。

見え透いた芝居はやめろと堂々と言ってもいいのではないだろうか。今回も民衆ではない、国家の策略である!

ある意味ではわが国の政治は幼稚なのであろう。がんばれ個伊豆美!

posted by Asukal at 10:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国聊天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2894873
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。