2005年04月17日

★撃墜王Asukal★

前から問題の多い我が家のブロードバンド、中国網通である。

タイから戻っていきなりつながらないのである。

ネットワークケーブルが繋がっていないとエラーが出ている。壁にあるRJコネクターに直接つなぎルーターなど一切無い中国式?の直LANブロードバンドである。

@ケーブルを2〜3回交換してみるが同様なエラーである。

@LANカードが壊れているかもと別のノートPC2台へつないで見るが同じである。

@どのケーブル+PCの組み合わせでも同様なエラーである。

「はは〜、またやりやがったな・・・どうせマンションのマスター交換機のケーブル差込ミスくらいの話だろう」

網通に電話する、事情を話すが一方的

「そんな事はありません。LANカードが壊れたかLANケーブルの不良ですキット!」 と電話の 服務小姐は予想通りの返答。14日の晩である。

Asukal・・・・・・ぶっちぃ〜〜〜〜〜っ!

「・・・すいませんね、コンピューターの事まったく分からないので誰かに見てもらえますか?LANカードってどこにあるんですか?この前も契約した時にもらったIDやパスワードの書いてあるあのカードですか?ケーブルって電源にさしてますけど・・・・・」

今日17日やっとサービスが来た。色々とケーブルを換えたりLANカードを換えたりしてやっている。ノートが別に二台あるよ、これでもやってみる・・・・・?

やはりだめ。顔色を変え1階まで降りるサービス員、戻ってきたら難なく接続。

理由を聞くと先週の

定期点検の際どうやらケーブルをさし間違えていたと言う話。

あほ!言ったろ!ばか・かば・ちんxどんや!お前のか〜ちゃんXXX!!

そんな知恵足らずでハンニチでもなんて100年早いわい!

ちなみに今まで同様なミスで、同様な対応で、同様な結果をもたらした 中国電信、長城寛帯、そして今回の網通

Asukalの撃墜マークはこれで三つである!もうすぐ 撃墜王だ!!

posted by Asukal at 23:27| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中国聊天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奴ら何でも第3者のせいにしますよね。
今回の反日デモだって意味わかってる奴何人いることやら。国連ってなんだか知ってるのかな?

日本政府もAsukalさんを見習って実力行使しかない!

自分はこれから上海に逝ってきます。
Posted by 質実剛健研究室長 at 2005年04月18日 10:15
ご声援有難うございます?
上海がんばってください!
Posted by Asukal at 2005年04月19日 00:03
どもです。
最近、ある所でネット障害がありました。
で、今にも切れそうなADSLの線を恐る恐る差し替えてみたり、ルータを交換してみたり…。
まったく、回復せず。
こうみえてもいちおう、会社でネットワーク管理していた経験ありなので、思いつくことをはすべてやって、結局、網通か建物のネットワーク関連に障害があると判断しました。

で、次の日、管理者らしき若造がやってきました。
自分のPCを一生懸命チェックしてます。
横でのぞくと、ping うったり、どっかに telnet したり…。的外れなことしてます。えーと、ネットワークつながってないんだから、そんなことしても無駄です。LAN内のマシンに ping うつならまだしも…。
友人が横から「先に下(管理室)みてこい」と言っても言うこと聞きません。
で、あーでもないこーでもない、ってやった挙句、何回も ping と telnet を繰り返しています。うぅむ。
だめだ、こいつ。と思った反面。よかったぁ、こいつ技術力ぜんぜんないや。ってちょっと安心しました(謎)。いや、パケット盗聴とかされたら諜報活動に支障がでるので…。そんなことできなさそうなヤツでよかった。
で、長くなりましたが、結局下におりてってチェックしたら、何かがショートして線が切れてた?らしい。
ほんっと。おもろいやつらです…。
Posted by bichir at 2005年04月19日 02:10
もう皆さんいやと言うほど経験済みでしょうが、
あほのくせに「人の言うことを聞かない」と言う最悪の国民ですね。

いつもそれで苦労します。まずは言うこと聞け!それで駄目なら自分の意見を言え!

いつも最後は「は〜〜〜」のため息です。
Posted by Asukal at 2005年04月19日 02:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。