2005年06月08日

★あとっく・なんばーわん!★

♪ くるしくったって〜かなしくったて〜、こーとの中では平気なの!♪

そう、かなり記憶力が薄れて歌詞が出てこないのだがあとっく・ なんばーわんなのだ!

先日のミッション ;英語Symbian60で日本語入力

残念ながらAsukalの吸い出したファイルに不足が有ったのと同じ60でも少し古いNokia3650であった、 FEP切替画面までは行った様であるが入力までにはいたらなかったようである。

インドネシアの同志も孤軍奮闘してくれたがファイルが無ければいた仕方が無い。これも最初の一歩であろう。

一つづつ解決し最後には勝利を収めるのだ!

Nokia3650でのFEP切替画面に登場した「あとっくなんばーわん」

先方のネット環境が思わしくないようである。ソースファイルもうまくDL出来ないようである。

義勇兵を求む!You're Wanted!とアンクル・トムも言う!

そうだ!勇気と精力の余った若者は今こそそれを持って愛国心を見せる時が来た! Asukalも老眼と戦いながら今朝から再度ファイルを検証しなおした!

モルモット・・・・じゃない、テスターになっても良いと言う同志は

ここをクリック! おいらは志願兵!

ひやかしやテストの気も無いのにクリックは御法度だ!お天道様は見ているぞ!

死をも恐れぬ勇敢な同志よ!君に求められているものはただ勇気だけである!褒美もない、誉もない! しかし君はその名を歴史に残すだろう・・・・

いけ〜 あとっく・なんばーわん!

 

posted by Asukal at 15:31| 香港 ☁| Comment(7) | TrackBack(2) | Symbian OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時間なくって、、、週末あたりなら、、、(Nokia6680の中文化は成功後、ファイル間違って消して起動せずでショック大〜。フォーマットしていまはまっさらな状態です)
Posted by 香港@山根あと7じかん13分 at 2005年06月08日 23:48
おーそれは大変ですね!
ところで何かアドバイスありましたらよろしくお願いいたします。あと7時間10分の博士!
Posted by Asukal at 2005年06月08日 23:52
恐れを知らぬ特攻隊reveilです (^^;;

香港版のNOKIA 6680でも元々導入されているFEPがaknfepという名前です。日本語ATOKを指示された方法で導入後に輸入切換を起動するとaknfepがふたつ出現します。→ 別の名前で登録されるような工夫が必要だと思われます。

上下に仲良くふたつ並んだaknfepですが切換えの操作でかなり不規則な反応をします。
system errorの警告が出たり、何もなくすんなり切り換ったり(切り換ったように見えたり)、Autolock; already in use!という警告ののちに切換え完了の表示が出たりとさまざまです。

問題の入力ですが、まだ日本語入力には至っておりません。
ほとんど全ての編集タスク(SMS編集、NOTES編集、電話帳編集)が起動しない場合があったり、起動しても中文入力しかできなかったりと不安定です。

操作中に突然リセットがかかることもありますのでシステムが非常に不安定な状態にあるように感じました。

メモリカードを本体から抜き再起動(電源ON・OFF)をしますと通常通り使用可能です。

Posted by reveil at 2005年06月12日 06:07
続報であります!

e://system/font内の3つのファイルの名前をatok.fep, atok.r60, atok.r32に変えたところ輸入切換に表示されるfep名がatokとなり識別可能となりました。私の場合は上のがatokとなってます。3つ全て変名する必要があるかどうかについては検証していません。

切換時のエラー警告等は一切出なくなりました。

それでもatokがアクティブになっている時編集タスクは一切起動しませんので一切入力はできない状態です。
Posted by reveil at 2005年06月12日 14:41
偉大な第一歩と信じます!さらに702NKのファイルを洗って見ます。
Posted by Asukal at 2005年06月12日 23:45
revellさんのところでも書きましたがr32,r160はメニューに日本語表示をするためのファイルと思われます。中文版ではr31,r159になっています。ですのでfepのみ名前変更すればOKです。自分なりに研究してあとっくなんばーわん目指します。
検証機種はNokia N90 中文版です。
Posted by たいちゃん at 2006年03月14日 18:15
アジアの片隅さんのホームページから
こちらのページを勧められましたので、
同じ内容をアップさせていただきました。

先日他のwebサイトを見ていたら、偶然下記のサイトを発見。ロシア語は読めないのですが、
http://club60.org/viewtopic.php?p=52490
ここでalex14さんは、言語を操作するファイルは
syslangutil.dll
t9lang.dll
akninputlanguage.dll
の3つと言っています。そして、
C:/system/Shareddata/
の中の.iniファイルも取り込めと言っています。
最後に、言語切り替えのプログラムは、
Z:/system/apps/gs/gs.app
だと。これらをCドライブにコピーした上で、
迂回ソフトを組み込み、Atokにアクセスしても、
Atokは使えないものなのでしょうか?
そして後に、Alex14さんは、
http://www.symbian.com/developer/techlib/v70docs/SDL_v7.0/doc_source/CustKit/Lockit/operatorsguide/management/langenvs.html
の国別ロケールを参照しろと言っています。
r32は日本、r160は702NK専用の英語、
r31は中国語、r01は標準英語だと。
こんな情報、役に立ちます?

追記:ここでもし日本語のロケールやatokの拡張子をr31やr159に変えてやれば一体どうなるんでしょう?
Posted by ど素人 at 2006年03月27日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

香港版NOKIA 6680 + 輸入法切換え工具+ 702NK搭載ATOK各種ファイル
Excerpt: これって中文FEPの名前も日本語FEPの名前も同じってこと?   http://blog.seesaa.jp/tb/4213283
Weblog: アジアの片隅から
Tracked: 2005-06-12 22:03

Nokia N70 日本語入力方法
Excerpt: 今のところ3種類の選択肢があるようです。 1.NKANFEP Nokia 66...
Weblog: やっちりん帝国Blog
Tracked: 2006-06-07 12:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。