2005年06月08日

★中国語(日本語)梅花入力方ハードキーボード対応★

小梅ちゃん(15才)入力方の名で広く知られる(?)梅花輸入方のニュースである。

開発者が以前から約束してくれていたハードキーボード対応版(β)が登場した!

Bluetoothや赤外線の外付けキーボードも対応と言う事である!さてBlueAngelはいかに!もちろん使えたのだ!それもソフトキーがGSM携帯電話配列でもハードで撃つ場合は自動でQwert配列で使える。

日本語辞書もQwertで打ち込める!

すばらしい!名づけて!

  小梅ちゃん(15才)もハードに感じちゃう!

やさしくタッチしてね編

上記サイトからダウンロード可能である。

 

開発者はユーザー辞書のエキスポート機能(Importは可能なら)をも約束してくれている。これも楽しみである!

ユーザー辞書はProgramFiles\PlumSIP4\def\defuser.datである。これをとりあえずコピーしておけばユーザー辞書のやり取りや保存は可能である。現時点ではテキスト出力などは出来ない。

 


 

現ユーザーは10元の追加でアップグレード、新規ユーザーは28元。このバージョンは英語リソースがまだ無いので日本語中国語が使える環境が必要。

キーボードコマンド

[Shift] 入力中の英語・中国語モードの切り替え(Blue Angelでは機能しない)

[Space] 候補一番目の確定

[1-5] 候補番号から選択確定((Blue AngelではFnキー+番号キー)

[上][下]或いは[-][=] 候補の上下(スクロールではなく更なる候補を表示)

[Esc]或いは[Del] 削除

[Caps] 中国語モードでのアルファベット文字入力

[Ctrl+l] ユーザー辞書管理画面(Blue Angelでは使えない)



posted by Asukal at 21:02| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅花輸入法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
使ってみて感じた事;
このハードキーボード対応版は有る意味でサムパッドの様な片手で使用するキーボードには向いていません(と言うか片手ならソフトキーの方が遥かに使いやすい)。
折りたたみ式のデッカイ外付けキーの様に両手で打つキー用に開発されたようです。よって候補選択や決定は片手では出来ないような仕組みになっています。

開発者もC928(CDMAx1版のBlue Angel)には対応させてないと自ら語っています。
「ドライバーを書くのに死ぬほど労力を使い果たした、もうあかん・・」と・・・

ハードキーボードでの片手操作不可、BlueAngelの組み込みハードキーでのコマンドの非互換により外付け準FULLキー用と解釈をしてください。

ソフトキーSIPは今までどおりです。

しかしなぜかHP iPAQ6365は互換で殆どのコマンドが使えるそうです。
Posted by Asukal at 2005年06月08日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。