2005年07月03日

★PDA革命!けんべん隊、かく戦えり!★

すざまじい速度で展開される「けんべん合戦」である。

最初の難関Atokのキーボード入力突破! 続いて繁体字MUIファイルの翻訳およびリソースの日本語書き換え

まさに電撃けんべん戦である。 次々と難関を突破し突き進むけんべん隊である!

神の啓示を聞きながらけんべん隊同志を導く「モーゼ Kzou」氏を筆頭に、 沢山のけんべん烈士が戦っているけんべん戦線に「義勇けんべん兵士」として参加するAsukalである。

そして最も大きな課題となっていた書き出し不能なROMファイルへのアクセスも、Asukalも協力し、昨日ファイル取り出しに成功し大きな突撃路が開かれたのである!

義勇けんべん兵Asukal、大きな勝利を収めたと同時に、志なかばで中断していたBlue AngelのOS完全日本語化の夢!そう 「Asukal Dream」を実現する為の大きな一歩となったのである!

完全日本語化計画

2004年12月、簡体字中国語OS PPC2003seを引っさげ登場したDopod(himalaya)の中国語OSを、 2003seのOSを持たない英語Himalayaユーザーの爲に、 なんとOSごと英語に書き換えたロシアのゴッド・ハンド「mamaich」同志!

http://asukal.seesaa.net/article/1197707.html
http://asukal.seesaa.net/article/1200413.html
http://asukal.seesaa.net/article/1220827.html

それを見て「英語OSのBlue Angelを日本語OS化」 したいと願うAsukalに届いた彼からの手紙 "mamaich Letter",

その中に書かれていた啓示は・・

*すべてのexe / dll ファイルを、 互換性の最も高いと思われる日本語バージョンOSを持つデバイスから抜き出せ!

*それらすべてを<カントリーid>.MUIと言う名前に変更しろ!

*それら全てのPE HeaderをHex Editorを使いゼロの値に変更せよ!

*それら全てを英語デバイスにコピーし、レジストリのMUI code pageを4桁の日本のカントリーコードに変更せよ。

*ソフトリセット後 「ファイルが見つかりません」とエラーが出るはずである。 エラーの対象のレジストリ[HKEY_LOCAL_MACHINE\Explorer\Shell Folders] 以下を修正せよ!

*基本は以上である!後はケースにより対処せよ!

これがMamaich Miracleの手法であった!

しかしXdaO2の様に互換の日本語OSデバイスの無い機種では、この方法は使えなかったのである。

だがMUIを使う概念はAsukalにヒントをくれた。本体のEXEやDLLを抜き出し、 リソースを手動で書き換えるという新しい方法を編み出したのである。 が多くのファイルはROMファイルとしてロックがかかっており抜き出したり書き換えたりする事は当時出来なかったのである。

そしてROM書き出しに成功した今、それを現実とすることが出来そうなのである。

同志モーゼKzou氏がまさに今それを実現中なのである!

そして今Asukalの目は今、、、WM5.0のアプリをPPC2003への移植に向いているのだ!

Asukaly yours!

Mamaich Letter原文・・・・・

To convert OS language to japanese you'll need a resource editor (I recommend ResHacker because it produces valid PocketPC DLLs), a HEX-editor (i recommend HIEW), a set of japanese DLLs/EXE files for the same OS you are translating (or at least the most nearest build).

To start translation you should extract all DLLs/EXE files that contain resources from Japanese OS image, rename them to *.<country_id>.mui, edit their PE header with HIEW32 to set its entry point to zero, copy all these files to device, and edit registry on the device to set MUI code page. <country id> - is your japanese country id in hex, 4 digits. I don't know its number, for USA it is 0x0409 (or 1033 in decimal), for russia it is 0x0419 (or 1251).
After reboot your device should be in japanese but it would complain on "file not found" errors. To fix them you should edit [HKEY_LOCAL_MACHINE\Explorer\Shell Folders] registry keys to point them to the correct folder names.
After you get your device to boot you should compare english and japanese resources so that they all are equal (except for translation and language IDs). Otherwise some programs like "contacts" application would not be able to find their resources and crash.
Typically this process would take several days of time.



posted by Asukal at 22:23| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
String Tableの他にDialogとかMenuも移植してコンパネ系はほぼ日本語化が終ったかも(^^;
バルーンの警告の改行問題で悩んでいたり・・・っていうか奥が深すぎです(^^ゞ
Posted by kzou at 2005年07月03日 22:42
otukaresamadesu !
大変でしょうが、楽しみです
Posted by Asukal at 2005年07月04日 01:12
何を隠そう私の生まれ故郷では虫のことを「ムイムイ」と言う幼児言葉が存在します。

けんべん隊、ムイムイ(mui mui)・・・ う〜ん、ナイスなマッチングだ
Posted by reveil at 2005年07月04日 15:53
虫が出てきましたか?やっぱりけんべんは必要ですね!
Posted by Asukal at 2005年07月04日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。