2005年07月26日

★Hw6515のTips★

ず〜と「HP6515」 と勝手に思っていたが実は「HW6515」 であったと言うことを昨日初めて知ったAsukalである。

へ〜!(^^ゞ

結構「電話として信用できる」端末で安心の?出来る、 そんな心強いPDA Phoneとなっている。

実はO2-I型(Wallaby)の頃は、 電話をかけてもらっても先方には「電源が入っていません」 と言ったアナウンスとが流れ、O2は着信を出来ない事が良く有ったのである。

購入した香港のショップへ持って行き「着信できないぞ!おい!」 と言うと店員は「何を言っているのですかお客さん! これは電話では有りませんよ、PDAなんですよ!」と一言で終わっていた。

II型(Himalaya)を発売日に購入し、 他のショップへ見せびらかしに言ったら「お、新型だ!どうだ、着信は出来る様になっているか? 」と問われるほど、電話としての機能は弱かった。

実際Himalayaからはかなり改善されてほとんど問題は無いが、 色んなアプリとの兼ね合いでそのような問題に直面する事は「無きにしあらず」 であった!(本当は色んなソフトを入れたり出したりでハードリセットしたり、 ソフトリセットをたびたびするので、その間に電話をかけてきた相手には「着信不能」なデバイスとして認識されているのが事実であろう・・・)

さてそんなMobile Messenger HW6515、 そのROMサイズの制約Mini-SD(1GBを使用)SDカード(250MBを) と言うデュアル・メモリースロット、そしてiPaq FIle Sotre12MBのおかげでかなりのサイズ・数のソフトが本体意外に放り込めている。

GPS地図データ、辞書データ、ユーティリーティ関係、フォント等数百MBがインストール出来ている。

本体自体は12MBほどしか使用していない。バックアップも楽である。

またそのOSの安定も手伝ってかなり携帯電話として信頼できるレベルである。

PDA Phoneユーザーの掟

「PDA Phoneを持つものは必ず普通のGSM携帯電話を別途所持する事!」もこれからは無くなるかもしれない。

すばらしいMobile Messengerである、しかし今までに無かった問題が起こっている。その回避をあげてみよう。

@問題;日本語・中国語のSMSが文字化けする。

回避策;Inboxのメニュ− から

Acount---Acount---Text Messegaを選択し左の画面を開く。

そして左画像の「Unicodeを使用する」にチェックを入れる。

実はO2系を使っていた全てのユーザーはこれをしなくても二バイトのSMSが送信で来ていたので最初は戸惑ったのである。 或いはデフォルトでチェックが入っていたかもしれない。

華南の同志たちも戸惑った、 Asukal等は日本語化に失敗したのかと思いハードリセットをして再構築を数度してみたがこれに気が付くまでは解決しなかったのである。

↑ここにチェック

@Activesyncに接続しようと、 勝手にGPRSに接続している。

回避策:実はこの問題は重大である。 時間課金制のGPRSサービスを使用している同志や海外ローミング中の同志には恐ろしい問題である。

気が付いたら「莫大な通信料」の請求書が届き、青ざめ、 一家心中と言った悲劇を巻き起こすほどの恐ろしい問題である!

HW6515本体の方でActivesyncのアイコンをタップしActivesyncの画面を開く、

メニューからTool---OptionそしてServerのTAB、 そのTABのOptionを開きさらにRulesのTABへ、一番上のプルダウンメニューを[Manualy]にしてみた!

 

Defaultでは5分であった。 とりあえず今のところ「勝手にGPRS」 は発生していない

@以下は問題では無い、 Hw6515の携帯電話らしい機能の紹介である。

電源ボタンの長押で出てくる画面である。

プロファイル(携帯待ち受けモード?)の選択やワイアレス機能の制御等、

今までO2には無かったのだ。Nokiaみたいで便利である。

今朝初めて見たのだ!(^^ゞ

 

 

 

↑電源ボタン長押

コンパネから入れるプロファイル設定画面

色んな待ちうけProfileが作成、設定でき、バイブモードやサイレントモード等、着信オンの変更やボリュームなど。

状況に合わせて反応の仕方をここで設定できる。

携帯電話では当たり前であるがPPC Phoneではやっと付いた機能と言ったところである。

 

 

↑プロファイル(待ち受けモード)

キーガードである。まるで携帯電話である(?)

Nokiaみたいだ!電源を入れる(サスペンドから復帰)とキーボードがロックされた状態で起動する。

ご操作を防ぐ為である。解除はContactボタンを押して---離して、Messageボタンでロック解除!

これは便利!ポケットの中で勝手に女房にダイアルして、 知らないうちに此方での私生活が聞かれていた等と言うことはもうこれからは無いのである!

あ、もちろん今までも無いはずである!(と良いけど・・・)

↑コンパネのbottonにLockと言う新しいオプションで機能のオン-オフをする。

以上、まだ少ないHW6515の同志達の参考になれば!

Asukaly yurs!



posted by Asukal at 12:00| 香港 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヽ(´ー`)ノ 欲しくないぞ〜〜っ! 
Posted by reveil at 2005年07月26日 13:33
あれ、もう買ったのではないですか?へ〜なんで買わないんだろ?こんないい機械、普通買うよね?うんうん、買うに決まってるよだれでも!一家に一台hw6515の時代だもんね!まだかってないのはだ〜れだ?
Posted by Asukal at 2005年07月26日 13:41
>まだかってないのはだ〜れだ?

かずさん!!
Posted by reveil at 2005年07月26日 13:59
楽になります、ほら、楽に!
今持っているデバイス、特にMiniなんか我々フォーティーズの敵!先達広場で売ってしまえ!
Posted by Asukal at 2005年07月26日 16:04
>「PDA Phoneを持つものは必ず普通のGSM携帯電話を別途所持する事!」も
>これからは無くなるかもしれない。

いたたたたた 耳が痛ぁ〜〜〜〜い (><
Posted by じぃ at 2005年07月26日 16:49
いや、持っても良いんですよ。私も持ちます。
でも買いましょう!
Posted by Asukal at 2005年07月26日 17:17
あぁ、大王の声が聞こえるぅ・・・シンセン方面から怪電波がぁ〜〜 うきぃ〜
Posted by reveil at 2005年07月27日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。