2005年07月29日

★中国移動通信のEdge★

6月から中国移動通信の携帯電話網にてEgdeデータ通信サービスが開始されたと言うニュースを 同志 TJ氏より傍受した。

全球通ユーザー(移動通信のポストペイ契約者)の限られている。

現在EdgeのSIMは音声通話には対応しておらずデータ通信専用となっており専用のPCカードとのセット販売のみでSIMのみの配布は行わないと言う。

その価格は日本円で3万円以上とかなり高額である(ユーザーのレベル、VIP会員等)によってその価格は変わってくるようである。詳細は後日資料を元に再度報告するつもりである。

現在中国で最速を誇る携帯電話データー通信は聯通の扱う CDMAx1である。

GSM博士である山根博士の話によると 「理論上はEdgeよりCDMAx1の方が高速である、あくまでも理論上」

と言う事である。

中国では我々かつて西側と呼ばれた国々と比較し考えると、あらゆる常識が通用しないのである。例えば通信会社のインフラや、その品質等、最高の状態で提供されていると言う保証はない。

企業競争の中でとりあえず最新技術を売りたいが為に、本来の必要最低条件の設備無しでリリースしてしまう可能性もある。

そういった事情を踏まえ博士は理論上といわれるのだと思うが、実際Edgeをすでに手に入れた同志 TJ氏の話によるとその体感速度はAsukalのCDMAをはるかに上回ると言う!

さすが博士、このあたりを予想していたかのようである。

いや予想では無かっただろう、世界の携帯電話通信事情に詳しい博士であるが故、その中国事情を考えれば博士には簡単に見えてきたのであろう。

そう、中国全土の通信を独占してきた老舗の中国移動通信のインフラと、数年前にやっと軍隊の通信網であったCDMAx1のバンドを買いあげ市場投入した 新参の聯通とでは、所詮勝負は見えていたのかもしれない。

実際の速度比較(Battle of Perl River ;;Edge vs CDMAx1)は後日TJ氏とAsukalの一騎打ちにより明確にされる事だろう。

う〜ん、勝負が付き、CDMAx1よりEdgeの方が早ければ、Asukalも手に入れることにする。

まだお預けである!ちなみにhw6515はEdge対応なのである!でも音声通話できない・・・悩む所である。

Asukaly yours!



posted by Asukal at 15:24| 香港 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インドネシアでは、一部地域限定ながらEVDOが大人気だそうです。新規加入はみんなCDMA系になり、GSM系は間もなく滅びそうとのこと。
クアルコムの先行投資がようやく開花しつつあるといえましょう。
Posted by 白 at 2005年07月29日 16:02
と言う事はCDAM系のデバイスがかなりそろっているのですね?
今度見に行きます。白さんは罵詈?ジャッカルTA?
Posted by Asukal at 2005年07月29日 16:09
白二等兵は相変わらず昭南島守備隊衛生班勤務です。
JKT,BDO,DPS基地には時々慰問に参ります。
現在BDO山岳部隊の石軍属が、バタヴィア逓信省に潜伏中。毎朝マルハチマルマルに打電される超長波暗号電文受信し、すぐさま自ら暗号解読を行った後、機動隊本部へ報告申し上げる毎日です。

このところの大隊本部の装備改変はまことに羨ましい限りです。白二等兵も、いつか検べん隊入隊または、手机電脳高速通信機配備を夢見て、日々諜報活動に励みます。
Posted by 白 at 2005年07月29日 18:25
おおお!Asukalより重傷者がいた・・・・
Posted by Asukal at 2005年07月29日 18:58
Mobile-8というクアルコムとKFTが資金・技術供与を行うプロバイダーが、ここ1年半ほどの間にバタヴィアを中心に急速に勢力を拡大しつつあります。
一般固定回線との接続でも大幅な(無謀な)利用料金ダンピングを敢行中で、従来型GSMが横ばいから減少に陥るなか、Mobile-8だけは30−40%の純増を記録しています。
現在、主要都市のみにてEV-DOの最大2.4Mbps(実質平均800kbps〜1Mbps)のデータ通信サービスを行っており、富裕層ならびに見栄っ張り層が既にサクサク遊んでいるとのことです。

以上、定時報告終わり。
Posted by 白 at 2005年07月31日 12:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

真昼の決闘inシンセン(予告編)
Excerpt: 報告者:TJ 最近よく中国移動通信のセールスレディーとお話しする。やはり中国で活躍する日本人ビジネスマンが増えるにしたがって、データ通信をどうするか?といった質問や悩みを頂くので、その質問を直接ぶつけ..
Weblog: !亜洲モバイル人柱隊
Tracked: 2005-07-30 12:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。