2005年09月29日

★Jasjarの中国語入力ソフト★

実は、jasJar上でComPOBOXは切り替えが出来なくなってしまう

切り替えから出てこないと言った問題が有った!

そこでSIP形式で無いEXE実行形式で起動されつPOBOXを現在じぃ氏に依頼して、

もうすぐ完成までこぎつけているのであるが!

実はこのEXE形式の場合、オリジナルのPQBOX等もそうであったがJavaアプリや

その他の一部のPIMで文字が送れないことが有る。

理由は色々有るがそれはここでは省略するが、中国語入力ソフトである

Monstar SIPはこの切り替え出来ないという問題はあまり発生していなかった。

ついでに日本語手書きまで出来る中国語入力ソフト、 PenPowerもSIP切り替えが出来なくなる事を恐れて

EXE式で入れていたのであるが、試しにSIP形式で導入してみた!

確かにMonstar SIPもPen StarもComPOBOX乙に比べると「切り替えが出来なくなる」という問題は確立は低い。

まったく発生しないと言う訳ではないが、何とか使えるのである。

@しかしMonstar SIPとPen Power両方入れた状態だと、別のSIPからPen Powerへ切り替えようとすると

エラーで出てソフトリセットをしない限り使えない!

↑Pen Powerで日本語だい!MonstarとのSIP両立は無理か・・・

@またMonstar SIPもOS起動の後早めに切り替えて置かなければ切り替えが出来なくる。

一旦切り替えておけば後は自由に切り替えが可能である。

@やはり切り替えがかなり自由なMonstar SIPとPen PowerをEXEで入れて置くほうが無難なである。

ただMonstar SIPは時によってはJavaアプリであるMidlet上のmMailにも文字が送れるのだ!

時によってはと言うのは一旦ハードキーボードから文字を入れると、 その後は入らないのである。

良く分からない・・・・(PenPowerではだめ)

↑Monstar SIPでmMailへ入力!

でも同じjavaアプリであるOpera Miniには文字が入らない。これはPenPowerも同じである。

@両者共にOperaには文字が送れない!

んん、まだまだだ!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 15:35| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WM5.0 and Universal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。