2005年11月10日

★Nokia携帯 / MS Smart Phoneで手書き中国語★

先週のことである!

博士と一緒にGSM携帯電話の聖地 先達広場 (携帯天国とか、人によっては携帯アリ地獄と呼ぶ)

へ行った時の事である!

 博士が見つけた一つの物体!

 そう、Blue toothで手書きのデータをGSM携帯電話に飛ばして変換候補の

文字を表示させ、それを入力していくと言う、恐るべき兵器なのである!

名づけて!「Blue tooth手書き認識パネル」とでも言おうか・・ ・・・

 

 

 

 

そしてその販売元は、Pocket PCやPalmでの手書き認識入力でも有名な「蒙活中文」、

そう、例のPen Powerなのである!Blue tooth Penpower for Symbian & MS WM Phoneなのだ!

実はこのPenPowerであるがPPCでは中国のほか日本語のかな・ カナまで書けてしまうので有名なあれだ!

一部では小刀中文と言う名前でも販売されている。

そこでひょっとして・・・ひょっとしてSymbian60やMS Smart Phoneの中文版で、日本語まで書けてしまうのでは???

そう考え、博士と顔を見合わせる!

ままよ!ここは男 Asukalだ!人柱になろうではないか!

早速購入し、中国へ戻る!すでに夜中の2時をまわっているが、博士との約束である!

やらねばならぬ!

ドライバーはSymbian60用、MS Mobile Phone(PPC版ではない)、そしてPC用と用意されている。

結果、残念ながらSymbian80のNokia9300では動作せず! Symbian60の6630と6680は今、出張中で手元に無い!

 預かったMotorola MPX200が手元にあったのでテスト!

   動作する!

←「女子では無いぞ。ニイハオのハオ=好」と言う文字だ(-_-;)・・嫌いじゃないけど・・

 

ふざけてWM5.0のHimalaya改(さるまーた号)に入れてみれば、、

おお、動くではないか!ちゃんと中国語で手書き認識してくれるぞ!

 

 

 

↑パネルで書くとするすると電話機の手書きのまま文字が現れ、下の方に候補が現る!

 

 だが肝心な日本語のかな・カナは出てこなかったが、

 これは日本語OSのNokia等に中国語を含む漢字フォントをシステムフォントにしておけば中国語も書けてしまうということである! すっばらしい!

  おお、またお宝が一つ増えたぞ!

 Bluetoothとは何とすばらしいのだ!

 

 

↑さるまーた号とのサイズ比較、さるまーたの画面の下の方に候補が出てるぞ!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 16:01| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真で取ると実物よりも高級感ありますよねー。私もそのうち買おうかと思案中です(漢字だけでも書けると嬉しい)。S60のテストしに深センいきたいなぁ。
Posted by 香港@山根 at 2005年11月11日 06:00
ええ、写真は高級感が・・・・
次回お貸ししますよ。私は使いそうに無いので。
60さえ手元に無いので。PPCはもともと手書きできるので要らないし(^^ゞ
Posted by Auskal at 2005年11月11日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。