2004年09月23日

★手のひらコンピューター★

近頃 携帯電話もPC、PDAも甘口が多いとお嘆きの貴兄に!(ってAsukalが欲しがってる)

これは面白そうだ!その名もTiqit
以前マッチ箱サイズのPCを世に送り出し(一般販売されたかどうか不明)世を沸かせた‘Tiqit`と言うメーカー。

販売がされているようでBluetooth,W-Fi,PCMCAカードスロット内蔵(バージョンにより異なる様)
OSもUnix/Linax/Win XP等が用意されているらしい。

Tiqit  HandTiqit

メーカーサイト(写真)

スペック

PDF説明
posted by Asukal at 00:33| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

★新Gric

NetvigatorのローミングはGricとiPassの両方が用意されている。ずっとiPassを使っていたがGricが新しくなったと連絡が入ったので早速PCにインストールしてみたのだが面白い事にローミング種別のGPRSを選択したらPCのダイアルアップで設定してあるBluetooth携帯電話と自動で接続してくれる。この時点ではPCと携帯電話がBTでつあがるのみでGPRSの接続は行われない。

そしてSMS用のソフトまで入っており携帯電話内のInboxをPCに表示、そしてPCからもこのBT携帯電話経由でSMSを流せた。

残念な事に中国語/日本語は送受信共に化けてしまい英語のみに限られるが事務所にいるときこのソフトと携帯をつないでおけばSMSが何時でもPCから流せる。

NetvigatorサイトからDL

Gric  ACP  SMS

画像はクリックで拡大可 左から
Goroamingのインターフェイス、ローミング先のダイアル番号、SMSのInbox
posted by Asukal at 17:07| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

★フィンランドで発見”藍き牙”の正体★

今回のフィンランドへの旅で思いもよらぬ収穫があった!
そう、Asukalの崇拝する藍き牙=Bluetoothの正体が明らかになったのだ!

文献によるとBluetooth,デンマークの王の名であり彼はノルウェイをデンマークに併合したかなりの凄腕のKingだったそうだ。幾度となくスェ−デン、フィンランドにも攻め入ったそうだ。

本名;Harald Blåtandと言いこれの英語名がBluetoothだったと言う。
ブルーベリーが大好きで四六時中これを食べその結果歯が青く染まってしまいBluetoothと呼ばれたそうだ。

あまりかっこよくないぞ!Bluetooth!
原文;
Bluetooth is named for Tenth Century Danish king Harald Blåtand, known in English as Harold Bluetooth Gromson, who is reputed to have been so fond of blueberries that his teeth were stained blue. The Bluetooth symbol is a bindrune that combines the runes for Harald Blåtand’s initials “h” looks like an asterisk.

上記の説明でどうやら現在のBTのマークも彼の紋章からきているようだ。
Bluetoothe


posted by Asukal at 00:17| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

★藍き牙、恐るべき潜在能力★

BTConect

Bluetoothはデバイスに色んな機能を与えてくれる。LANで他のPCにつないだり、ブロードバンドにつながったBT Lan Access Pointにつなぎワイアレスブロードバンドを楽しんだり。或は他のBTを持つデバイスへファイルを送ったり、BT経由でPDAがActivesyncでPCに接続したり。もちろんBT携帯電話をモデムとして使用しパケット通信につないだり。

一台のデバイスにたった一つのBTのアダプターがこれだけの機能を与えてくれる。だが一台のデバイスでBTを使用して複数のサービスを同時に使った事が無かった。同時に複数のサービスを使おうとも思わなかったし、使えるとも思わなかった。

だが本日この新しい事実が判明した!複数同時に使えたのだ!

画像を見ていただきたい。
Belkin(BT LAP)に接続しながらBluetooth Network(他のPCへLAN接続)、さらにソニーエリクソンへGPRS接続、も一つおまけにタスクバーの画像からActivesyncが有効になっているのが見えるはずだが、Sig3がBT経由でActivesyncに接続しているのだ!画像には無いがまたまた同時にBTでXdaO2IIへファイルを送っている!なぜ知らなかったか知らないが(?)同時に何でもやってしまう藍き牙!(Bluetooth)

これほど便利な複合機能装置(マルチファンクションアダプター)は他には無いはずだ!またまた惚れ直してしまった。

@テストはInterlink+BilliontonのCF Bluetooth Card
posted by Asukal at 20:12| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

★Inter LinkのA/Cアダプター★

実はInter Link購入時お店の人に当然240V対応のA/Cアダプターですよね?と聞いた。出張先のため念のためメモリーを増設、動作確認するをしてもらう際、店員が開封したInterlinkを見て青ざめた。「A/Cは100Vのみの表示です!」念のためメーカーのサポート二電話で問い合わせをしてもらうがやはり100Vのみ対応との事。

「こちらのミスですので購入取り消ししていただいて結構です」と深々と頭を下げるがAsukalのモットーはいったん決めたことを取り下げるのは縁起が悪い、人生戻ってはいけない!前進しか許されない人生なのである。取り消さないのだ!

もう一つ考えたのはInter LinkはMade in Taiwan,台湾も110Vだが香港でも売られているし海外にも出荷されてりる。合理的な台湾人がわざわざ100V専用のA/Cアダプターを作るとは考えられない。きっと110V-240Vと確信を持っていたのである。

中国へ戻り本体からはずした状態でA/Cアダプターを240V電源に差し込む。1時間置いてみるが過熱とか異臭とかの症状は無い。確信が事実に変わった。そのまま本体に接続し充電をはじめる。2日たった今も正常に使えているので問題ないようだ。やはり240V対応していたようだ。

(注:メーカー保証外。まねをされる方は自己責任で。またSigmarion3のときも使えたが10日ほどしてからA/Cアダプターが壊れたのでまだ安心は出来ない)

追記:Cathey Pacific Airlinの機内販売のカタログでInterlinkがHK$16000ほどで売られていた。

やはり名機なのだろうか?
Asukaly yours!


posted by Asukal at 14:55| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

★Inter Linkの画面回転★

今日まで気がつかなかったがホットキーで画面が回転できるようだ。


Ctrl+Alt+↑ で通常画面
Ctrl+Alt+↓ で180℃反転
Ctrl+Alt+→ で右90度回転
Ctrl+Alt+← で←90度回転 回転させてうれしいが使い道が分からない。


posted by Asukal at 16:44| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

★偉可大(ビクターInter Link)★

今月末から10月に長期出張が二つも入っている。VAIOでは仕事にならない(仕事に使うなよ、といわれそうだが)ので日本の同志への"絶滅の危機にあるSigmarion3捕獲の貢献”への勲章として格安で授与したのだ。そして今後の長期遠征のために購入したInter Linkの簡単な感想を報告しよう。(Libretto L2もあるがXPを入れた後クルーソ〜ではクルシーゾー状態であるため使う気にならぬ。((8・末〜9月中旬まで欧州7カ国、9月中旬〜10月初旬まで東南亜細亜6カ国への遠征、体が持ちましぇーん))

液晶モニターは昔出ていたSotecのB5 133MHz(三菱のAmityと同じ筐体をしていたwinslimとか何とかいったっけ、Asukalも使っていたが後に不良のためSotecが無料で上位機種のinbookに交換してくれた)ノートのようにつるつるしてきれいだ。しかしAsukal大好きな800x600表示にすると上下に圧縮されつぶれたような表示になる。Defaulの1024x600でちょうど良いのだろうが文字が小さくて老眼の始まったAsukalにはつらい。文字を大きく設定すればよいのだろうがそれは好きではない。

パソコンとしての性能はWindows PCであるゆえ他のマシーンに比べ特筆することは無いと思う。(基本的にAsukaはWindows PCはどれも同じようなものと思っている)
バッテリーも公称6.5は求めないがLibretto L2+大バッテリーに比べるとかなり消耗が早いような気がする。Crusor--あってる?つづり?−−との違いだろうから仕方は無いが。
ハード(メーカー)独自の省エネ設定は無くWindows標準の電源管理に頼るしかない。そちらでの調整である程度は伸びるだろう。Asukalが購入したのはCeleron MのXV631+528MB増設し合計760MBにしたものだが速度はこれで十分だ。それ以上の速度を必要とするソフトは業務上Asukalには無いのだろう(一番重いのがAdobe IllustolatorとCordel Dorowだがまだインストールしていないので結果は不明、でもいまだに133MhzのSotecでも動かしているので問題は当然無いだろう)

112

ソフトはやはりこの手のPCでは仕方が無いのだろうがOffice系が入っていないので購入後そのまま旅を続けているAsukalには何も仕事はできない状態だ。

DVDソフト、アルバムソフト、ネットワーク切り替えソフト、Norton Anti Virus位しか入っていない。早く事務所へ戻り環境を整えたいのが本音だ。


本体のサイズ的には完璧なB5サイズだが厚みがかなりありElecomノートパソコン用ウレタンケースのB5用ではつらい部分がある。入れたり出したりの際ファスナーがボディーを
傷つけてしまうことになるだろう。Asukalはファスナーを切り取った。それでも入れる際に口が小さいと言うかきついので無理やり広げながら入れなければならない。

また飛び出したクノ字バッテリーは完全にウレタンケースの外にはみ出す。Inter Link購入時お店に有った色んなウレタンケースをに合わせてみるが厚み、バッテリーの飛び出し部分がネックになり他に合いそうなものが見つからなかった。これより大きなケースだとB4用となり、大きすぎるだろう。

1314
どうもモバイルには厄介なサイズだ。やはり7XXXシリーズのほうがモバイラー向け
のようだ。キーボードももう少し大きくできたと思う。7xxxシリーズのほうが明らかに大きなキーだった。出先でDVDの使用に重きを置く人でなければDVDドライブ無しの7xxを買うことをお勧めする。
(日本で販売されていたかどうか不明だが)重量も1.4kgと結構重いーー何と比べとるんじゃ?

あとは前回も報告したアームレスト上の右・左クリックボタンの騒音だ。昼間はいいが深夜一人でクリックしているとやたら気になる。マウスを使えばいいのだろうがやはりマウスを使えぬような場合は
気になるところだ。VAIO U5よりは仕事に使えるだろう。その他の日常モバイルにはXda2IIとSig3で良い。長期遠征用ではこのくらいで良いはずだ。あ〜7xxx系(何度も出てくるが正式な品番
忘れたのだ)にしておけばよかったと”悔いてはいけない”が少しだけ心が痛い。決して悔いているのではないので誤解無きよう。

それでは。Asukaly yours! from ルソン島


posted by Asukal at 22:47| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

★香港飛机場的无線上網★

大阪空港から香港空港に到着した。
以前亜洲モバイル人柱隊の報告でここにも無線LANがあることは知っていたがAsukalには縁の無いものと思い、先日VAIOを持ち込んだ時も無線LANのスイッチをOFFにしていたため分からなかった。

今朝大阪でそのおいしさを知ったAsukalは早速テストを試みる。

出発ロビー唯一タバコを吸えるBar(Caffeでもいい)Campions Sports Bar、タバコを吸える場所が香港空港にあるとは誰も知らず、世界中でAsukalしか知らないのだ。(だがなぜか大勢タバコを吸いながらビールを飲んでいるぞ!)
そこでのテストだがPCCWという香港の電話会社(Netvigatorと言えば同志もご存知のはず)が運営している。無線ランにログインする際PCCWのユーザーかどうか聞いてくるので多分非ユーザーはクレジットカードか何かで払うのだろう。AsukalはPCCWのユーザーを選ぶ。すると一時間HK$40、一日だとHK$80(誰が一日中空港にいるのだ?)の選択画面。そしてユーザー名とパスワード(Netvigatorのe-mailのものを入れると使えた)
PCCW

しかしこのBarははずれにあり、喫煙者のためにガラスで覆われているので電波が弱い。すぐに切れてしまった。外は多分良いだろう。結局今はGPRSで通信しているが。

pccw2

またひとつ良いことを覚えてしまった。さーマニラ行きの時間だ!
posted by Asukal at 16:01| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★无線網路★

実はAsukalはBTでのワイアレスLANは使っているが本当の無線LANは使ったことがなかった。
VAIO U50にも着いていた無線LAN機能だが使わぬうちに同志の手に落ちた。使わないのはOfficeにその設備がないのと、中国での生活圏の中にそのような環境が無いからだが、時代にまたひとつ乗り遅れていたようだ・・・・・

今大阪空港で無線インターネットサービスという看板が目に付いたので昨日購入したInter Linkで試しにつないでみた。ほ〜、知らぬというものはおろかなことぞ!なんと便利なものだ!ふむふむ、ちょっとまたAsukalに新たな闘争の黒い影が降りてきた。

Asukaly yours!


posted by Asukal at 08:57| 香港 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

★Interlink★

昨日は3重で苦悩を味わったAsukalだが今日はちょっとうれしいのだ!

1;フィリピン領事館は担当者が出勤しており話をすることができほぼ任務は完了の様だ。7月に担当者と話した際、先方のミスと思いすごい剣幕で抗議した末、実はAsukal側のミスだったとわかりそれから少し態度を硬化させていた担当者だがAsukalの奇跡的微笑(ミラクルスマイル)で何とか態度を軟化させてくれた。人間怒ってはいけないのだ!

2;氷河期と共に突然姿を消した恐竜のように、市場から姿を消し去ったSigmarion3を発見したと金沢兼六園諜報員の同志に連絡が入った。小さな電気屋に有ったようだ(2台)。

ほとんど定価(?)で¥52,000ほどしたが大阪日本橋中を、観光旅行中国人に成りすまし探し回ったが見つからぬ今、彼にその場で捕獲するように指令を与え実行させた。SDIOのBTカードを入手した今、Sigmarion3の入手は絶対の命令だったのだ。明日朝一番の飛行機でマニラへ行くことになっているので今回は持ち帰れないが手中に収めて有れば安心だ。

3;彼には褒美として1ヶ月前に購入したばかりのVAIO U50を格安で給与することになった。実は機動戦士にとってVAIO U50は非常に位置づけの難しい機械であった。
ペン入力をするのならPDAで十分であり、業務用PCとしてはやはりキーボードを合体させなければならぬといった部分で今ひとつ使えなかった(U50の使い道をわかってないかも)

そこでそれに変わる兵器として前から気になっていたInter Linkを日本橋で観光旅行の中国・韓国人に紛れ込み購入したのだ!やはりキーボード一体はいい。うれしーぞ!
後はLibrettoをどうするか?


inter
posted by Asukal at 19:43| 香港 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

★VAIO U50キーボードの超常現象★

Asukalは日常の外出にはFrogPADを使用するがやはり出張は外付けUSBキーボードを使うことにした。

しかしこの純正のUSBキーボードだが入力しているとちょくちょくカーソルがとんでもない所に飛んでしまい、入力済みの文章を乱してしまう。

当初はキーピッチに慣れず変なキー(カーソルキー等)押し間違えていたのかと思いキーボードを見ながら打つがやはり飛んでいる。どのキーでどのくらいカーソルが移動するか規則的ではないが本当にちょくちょくだ。
腹が立つ。これは何なのだ?キーボードが不良?Virus?或いはたたり???

U50ユーザーの方で同様な超常現象を体験された方おられましたらお教え願いたいと思います!またや!腹立つ!これだけの文章を打つ間に10回は飛ぶ!


posted by Asukal at 16:11| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

Bluetooth LAN Access Pointのその後

実はAsukalは大きな勘違いをしていた。Bluetooth LAN Acces Pointを使えば社内LANに入り込み共有フォルダーに自由にアクセスできると思っていた。実は違った。LAN経由のインターネット環境が使用できるだけだった。
しかもU50に使用したAnycomのBT CFカードはこのBT AP(Access Point)をNon supportと認識しない。Sig2のSocketcom BT CF カードも同様だ。

Anycom/Socketcomの場合BTが登場したばかりの頃に登場したものを購入したのでスタックバージョンがLANに対応してないと思われる。両者共にソフトウェアーは対応しているし、SocketcomのサポートはAsukalのCFカードは古いのでサービスステーションへ送れば最新のROMにしてくれると言ってきた事があるから多分間違ない。

結果このLAN Access PointでInternetにつなぐ事が出来たのはDesk Top+USB BT(怪しいメーカー製)/Ipaq3870+内蔵BT/Libretto+BilliontonBT CFカードで、つながらなかったのはXdaO2II+内蔵BTSig2+Socketcom BT CFカード/VAIO+Anycom BT CFカード(後に急遽Librettoで使うBillilontonのものと交換で可)だった。

接続方法はBTのアダプターのドライバーと同時にインストールされるBluetooth Null Modemを使い「直接接続」(ADSLと同様なPPP接続で一見ダイアルアップの様だ)する。

LAN接続で他のPCのリソースにアクセスするためにはAPを使用せずそれぞれのBTアダプターのドライバー/ソフトを導入した際に同時に設定されている「Bluetooth LAN 接続」を使用し目的のデバイスに直接接続する。ネットワーク接続の中に自動でアイコンが出来ている。

接続方法はBTのマネージメント画面で接続したい登録済みデバイスの中にある「LAN」接続を右クリックし「接続」を実行すると目的のデバイスのLAN機能に接続できるがこれも中々相性/ROMバージョン対応度に左右されつながる機器が少ない。

数あるAsukalデバイスの中でつながったのはDesk TOP+USB BT→Vaio+Billionの組み合わせだけである。Vaio+Billion→Desk TOP+USB BTでもつながらない。

その他は全滅。同志諸君!BTのアダプターはケチらず最新のスタックバージョンのものを買おう!

BT LAN接続の図

続きを読む
posted by Asukal at 20:53| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。