2005年09月12日

★Monstar Chinese for WM5.0が消えた★

今朝ほどアップされていた Monstar Chinese for WM5.0がサイトから消えている・・ ・・・

リリースが9/22になっていたのと、地域設定の書き換えが出来なかった事、加えて

フォントサイズが完全にVGAに対応していなかったのでプレリリース版で有った可能性もある。

ユーザーにテストさせてフィードバックを得ると言う意味合いだったかもしれない!

ちゃんと対応したバージョンを出してくれることを祈ろう!

Asukaly yours!



posted by Asukal at 02:53| 香港 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Jasjar WM5.0ヌルズその後★

Kzou氏のサイトにも書いたが、WM5.0がWindowsフォルダーに書き込まれたファイルを無視するのには

現在4つの説が有る!

1;セキュリティーによるファイルの拒否説

2;windowsフォルダーに書き込まれたファイルの署名説

3;書き込まれた場所がRAMであるかROMで有るかの説

4;嫌がらせ説・・・今もっとも有力なのは4番目の嫌がらせ説である!

がしかし、ヌルズを有効にさせる為にはヌルズと共に何か他のファイルが必要では???

そう思い思い当たるDLLを数個放り込んだときである、我がJasjarはソフトリセット後まったく起動しなくなったのである!

 なんと起動画面のまま、待てど暮らせど、ウンチしようがタバコをすおうが、 エッチサイトを見ようが起動しないのである!

←起動画面のママ固まったJasjar

 おお、これはしっかりとその放り込んだファイルを呼び込んでいる証拠ではないか!!!

 すごいぞAsukal ! だが起動せねば意味が無い・・・

 う〜〜ん小股・・・いや困った!

 

 

 

WM5.0になってからはO2-II さるまーた号もそうであったように、ハードリセットはかなり困難である。

そしてJasjarはソフト的にハードできるようになっていた。ちなみにそのソフトをさるまーた号の方に移植したが

さるまーた号ではうまく機能しなかったのである。

 しかしながら物理的にハードリセットする方法もあった!

 実はメニュー用の二つの 横棒マークキーを押しながら

 スタイラスで浣腸するのである!

メニューキーを押しながら浣腸!

 こうする事によって強制的にハードリセットが可能である!

 浣腸の後にはこの画面!

 ゼロを押せば出荷状態に戻す。

 エックスを押せばハードリセットせずに終了

あなたならどうする?

 これで解決である!

さあ、戦場と化したAsukalのオフィスの机・・・・・収拾がつかないぞ・・・

Asukaly yours!

posted by Asukal at 00:16| 香港 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

★Jasjar日本語化の戦歴★

1:fontの置き換え成功

2;日本語入力.中国語入力<ComPobox乙 ,Decuma,Penpower , Monstar Chinese

3;エンコードの必要なIEとINBOX以外はほぼ使用可能<SMSは日本語・中国語OK> 

4;ヌルズの書き換えいまだ成功せず。

*wince.nlsの属性を換えて見た 

*gwes.exeと関連のmuiをヌルズ書き換え成功しているO2 II さるまーた号から移植<起動せず>

*NK.exeを上記の元置き換えて見た。 

*mlang.dllも上記の物に書き換えて見た(エミュレータの物にも換えて見た) 

*上記からBugtrap.exeを書き込み、Disableにして見た。  

*神様にお願いしてみた 

*お星様に願いをかけて見た

*ソフトリセットに使うソフトを換えて見た 

*風水学に基づき、座る位置をかえて見た x

*Sidekick IIで遊んで見た! 

*Jasjarの純正のwince.nlsを抜き出し、 バイナリエディタで中身を空にして特製ヌルズの中身をコピー 

*亡くなった一番目の女房の神棚に水を上げ、手を打った 

*Developers.comで香港の同志と愚痴の溢しあいをした。  

*Monstar Chinese for Magnetoを入れて見る  

思いつく有効と思われる、ありとあらゆる方法を試して見た!

うう、

Asukaly yours!

posted by Asukal at 23:23| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Monstar Chinese・・・お前もだめか・・★

同志の協力で入手したMonstar Chinese for Magneto!

早速検証して見るが地域設定のファイルとしてヌルズはちゃんとインストールされている!

しかし我々のヌルズ同様、反映されていないのである!

ランドスケープ画像をキャプチャーしたため下半分が黒くなってしまい

右の方も切れてしまったが,見ていただけるだろうか?

また一部の文字はVGAに対応しておらず口になっている。

Soft Venderもまだ克服出来ていないようである!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 18:38| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WM5--Monstar Chineseヌルズ★

実はWM5のヌルズ書き換えの問題に関してわずかな希望があった。

Monstar ChineseやCE Star等の中国語入力ソフトのWM5対応版である。

それらの入力ソフトはSIPだけでなく、 英語OSデバイス上での中国語取り扱いができる様プラットホームの中国語対応化をするのが常であったからである。

それらを解析すればヌルズ攻略のヒントが手に入るはずであった!

なんと!本日 Monstar Chinese WM5がリリースされていた。

昨晩ほ〜みんさんやKzou氏とMSNメッセをしていた時点ではリリースされていなかったので今朝のリリースであったようである。

何度ダウンロードを試みてもサーバーが混雑しているのか??

まったく落とせない。

そんな時香港の同志の書き込み

”but eventually does not include regional setting..............too bad ”

「現状地域設定が含まれていない・・・・・死ねっ!」 (直訳)

がぁ〜〜ん!

Asukaly yours! (hopeless)

 

posted by Asukal at 14:54| 香港 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

★WM5.0 Full CJK+タイ語ヌルズ完成★

何が何でも欧州遠征前に完成させたかった極東完全対応のヌルズ!

しかも来る新OSのWM5.0対応

欧州出発数時間前、執念で完成させたのである!

そう、極東アジア完全エンコード対応のヌルズである。

 日本語

 韓国語

 簡体字中国語

 繁体字中国語

 そしてタイ語まで今回は対応させてしまった!

 おお、涙の物語!

 台湾人との付き合いで、昨晩は貴重な時間を

 便器を抱きしめながらすごしてしまったAsukal・・・・・

 未明に帰宅し、そのまま命がけで再度パソコンに立ち向かったのである!

 おおおおおお!感激である!

来るべき新OS!  Magnetoよ!いつでも来い!

Asukaly yours!

--------さあ、今からパンツをスーツケースに詰め込もう・・・・・ネムイ

posted by Asukal at 14:11| 香港 ☁| Comment(13) | TrackBack(1) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

★あああ、あああ★

Asukaly yours!

posted by Asukal at 21:46| 香港 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WM5.0の日本語化★

0411.MUI ファイルを一部入れて見たが簡単には表示j言語が変わらない。・・・

う、

Asukaly yours!

posted by Asukal at 15:32| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★バーコードでLets Japan!★

Asukalが旅立つ前に、その進行が遅れているNokiaで日本語入力計画、

名づけてあとっく・ なんばーわん計画を、あるなぞの人物に託すためにアポイントを取っていた。

いつもの癖でhw6515から日本語のSMSを送り場所と時間を確認したのである。

なぞの人物はしばらくして、やはり日本語のSMSで返答をしてきた。

当然Asukalはなぞの人物も日本語環境のGSM通信システムを持っているものと思い込み、

引き続きSMSで数度にわたり交信をしたのである。

そして彼と会う時がきたのだ!

そして彼のデバイス構成、そう、Asukalと日本語SMSで交信したその装備は・・・・・

Zaurus + Sonyの日本キャリア携帯を中国語に書き換えたもの

であった!当然受信は携帯電話の中国語フォント+日本語フォントで表示可能である。

しかし中国語ROMに書き換えられているので日本語の入力方法は無い

が、彼が使った手法は・・・彼がどうやって日本語SMSを送信したか

Asukalびっくり仰天であった!

テキストをザウルス上で二次元バーコードにし、それをSonyの携帯で読み込み、

Asukalに送っていたのである!

浦島太郎なAsukalに二次元バーコードさえ分からぬ!!ぬぬ!

と言う事で先ほどAsukalもまねをしたくてバーコード作成ソフトを探したのである!

勿論PPC用のアプリである。その名も GetQR.exe!

二次元バーコードをQRコードって言うのだぞ!

知らないのはAsukalだけか・・・・・

 こうなる⇒

決して目を細めてこのバーコード見ても、文字は浮かんでこないし読めないぞ!おい、そこのおやじ!

う、すごいぞ!QRコードはただで作れるが、

でもそれを読み込む機械は・・・PPC用・・・・有るには有るが・・・・

えきすぺんしぶ〜〜〜〜である!たいくいら!

http://www.cfcompany.co.jp/product/socket/IS5200-394.htm

でも欲しいな・・・面白そう・・・・

いや、実はQRコードの話より、

それを利用して日本語環境の無いGSM携帯で日本語SMSを送信してしまうと言う発想が素晴らしい!

でも、やはり日本の携帯しかその読み取り機能はないのであろうか??

Asukaly yours!

posted by Asukal at 02:11| 香港 🌁| Comment(8) | TrackBack(1) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

★WM5.0 日本語化レジストリの見直し★

先日MPx300の日本語化を手がけた際、 PPC2003以降の新しいOSではヌルズとフォント、 そしてフォント関連のレジストリのみの書き換えで日本語化は出来てしまうのではと疑惑を持ち始めたAuskal!

そこで早速WM5.0なさるまーた号にて検証を続けているAsukal!

ああ、人類、そして日本の同志のために日夜戦う孤独な男であった!

結果・・・・

驚くべき事実!

なんと本当にヌルズ + フォント + フォントのレジストリのみで日本語でのメール送受信共に、 そしてInternetの日本語表示が出来てしまうのである!

PPC2002時代は

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\International]
"ACP"=dword:000003a4
"LCID"=dword:00000411

この記述が無くては送信メールが必ず文字化けをしていたのである。

しかしMPx(PPC200se)もそうであったがこの記述が無くても送信、受信共に問題が無いのである!

驚愕であった!今まで信じて疑わず、 無条件に書き込んできたこの記述!

OSベースでかなりマルチランゲージがサポートされていたのである!

今回テストで日本語した際に使用したレジストリは下記の項目だけである!

他には何も追記は無い! (二ヶ国語表示テストであったためフォントはMingluとMSGothicを利用した)

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\FontLink\SystemLink]
"Courier New"="\\windows\\MingLiu.ac3.MingLiu"
"Tahoma"="\\windows\\MingLiu.ac3,MingLiu"
"MS Pゴシック"="\\windows\\msgothic.ac3,MS UI Gothic"
"MS ゴシック"="\\windows\\msgothic.ac3,MS UI Gothic"
"MingLiu"="\\windows\\tahoma.ttf,Tahoma"
"PMingLiu"="\\windows\\tahoma.ttf,Tahoma"

たったこれだけである!おお、驚き、桃の木!河童の屁なのである!

★そしてもうひとつ

 

 なんと何を手を加えずともWM5.0では 2バイトの ac3 タイプのフォントを認識してくれるのである!

 おお、すばらしい!

 レジストリ、日本語化のレジストリを全て洗いなおして必要最小限にしていく必要が有る様だ!

 ただし今回のテストのフォントレジストリだけではやはりAtokは動かせ無い。

 Key rayoutやその他を変更、、メニューバー等のフォントサイズを調整するレジストリは必要であろう。

 以上!報告である!

 

Asukaly yours!

posted by Asukal at 16:46| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

★夢の極東OS登場!★

Asukal夢の全東アジア言語対応のPocket PCが誕生したのである!

長年求め続けた本当の意味でのマルチランゲージである!

ついに実現! Full CJK Pocket PC、その名も Far East King!である!

実は今まで可能であったCJK(China / Japan / Korea)は3つが限界であった<Asukalの出来る、 或いは知る範囲>

3つとは

1;日本語・簡体字中国語・ 繁体字中国語

2;日本語・簡体字中国語・ 韓国語   このどちらかで有った!

今ここで同志に見せるのは!なんと掟破りの4Pならぬ、4ランゲージである! 

日本語・簡体字中国語・繁体字中国語・韓国語である!

 

↑簡体字中国語                    ↑繁体字中国語

 そしてなんと韓国語である!

←韓国語サイト!

 勿論日本語は言うまでも無いので画像は省略!

 左のサイトの韓国語!あってる???

 実は読めないのである!

 

 

 英語・北京語・は読めるが・・ドイツ語はイッヒ・フンバルト・ デルウンチ

 フランス語はナガジュバン・ハダジュバーン・イカノテ・ ハポオーン 

 と問題ないが!韓国語は読めぬ!

読めぬが実現させてしまうところがにくい!にくいね〜〜このぅ!

 と言うことである!

 実際のテストではまだシステムフォントに指定するアジア四巴ユニコードを 

 レジストリでリンクしていないため今の段階ではInboxでは韓国語が化ける。

 サイズ的に使えそうなCJKのフォントが見つかり次第再度システムフォントを置き 

 換えテストしているつもりである!

 請うご期待!

 

東アジア言語のエンコードに対応したInboxgのエンコード

Asukaly yours!

 

posted by Asukal at 00:30| 香港 ☁| Comment(30) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

★WM5.0 自動日本語化成功★

CABファイルによるwindowsフォルダーへのファイル書き換えを拒否されると言う問題に直面し、

自動日本語化不可能かと思われたWindows Mobile5.0である!

しかし、ホ〜ミン氏の作成されたChangeSetting.exe(試験運転中) によりその書き換えが可能となった!

そのテストの動向は同志Kzou氏のサイトを参考にされたし!

まだレジストリなどの修正中であるがまもなく完成予定である。

今回テストのために

日本語化セット(Japanese)--繁体字中国語セット(T_Chinese)--簡体字中国語セット(S_Chinese)

3種類のヌルズ+フォント+フォントレジストリの切り替えを用意してみた。

見事切り替わるMagneto!

 

↑ChengSettingが言語切り替えを読み込んだ!選択するとリブートの要請、自動リブート!

↑繁体字中国語ヌルズを読み込んだ図(左)と簡体字ヌルズを読み込んだ図(右)

これで英語OS WM5.0も怖く無いぞ!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 15:59| 香港 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★Mpx300の日本語化に関して★

昨日、山根博士にMotolora Mpxの日本語に挑戦ささせていただく機会を頂いた、Asukalであった!

24MBと言う限られたメモリ、 そしてかつての同志たちよりのMPx日本語化不調の報告!

腕の鳴るAsukalであった!

 実際このデバイス、起動させてGSM携帯電波をつかんだ時点で10MBもメモリーを消費してしま   うのである。

 残されたメモリは24MB--10MB=14MBである。

この14MBでProgramもStorageも使用しなければならない。

 

1: まずはe-chinaV3キャブによる一般の日中二ヶ国語化である!

当然二ヶ国語化は出来るが肝心かなめのqwertyキーを認識しない!

レジストリでキーレイアウトを日本語キーから英語キーに変更するがそれでもだめである。

;ヌルズとフォント、そしてレジストリだけの二ヶ国語化を試みる!

レジストリも一度に全てのレジストリを組み込み事はせず、部分的に組み込んでいく。

そのつどキーボードの動作を確認して行く・・・・

目標はQwertキーで日本語を!

やはりフォントリンクのレジストリだけ入れた時点ではQwertキーは有効である。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\FontLink]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\FontLink\SkipTable]
"Tahoma"="005c,00a5,007e,0391-03c9,2026,2116,221a,25a0-25ff"
"Courier New"="005c"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\FontLink\SystemLink]
"Courier New"="\\
Windows\sunglobe.ttf,UniSun "
"Arial"="
\\Windows\\sunglobe.ttf,UniSun "
"Tahoma"="
\\Windows\\sunglobe.ttf,UniSun "
"Times New"="
\\Windows\\sunglobe.ttf,UniSun "
"Frutiger Linotype"="
\\Windows\\sunfon.ttf,SC_Song "

3;この状態で日本語SIP(fep)を導入する事にする。

日中対応ヌルズ+フォントですでに4.8MBである。残されたメモリは10MBである、

*日本語フォントは5MB,日本語ヌルズは350KBである。合計5.4MBほどになる。

*日中フォントは小さい物は3.4MB、日中対応のヌルズは1.3MB。合計4.7MB である。

日中化の方が少ないメモリで済みそうだ!(日本語もフォントさえ選べばもっと少なくて済むが)

そのメモリを消費しない為に、Keyコードが英語になっている以上Atokは起動しないはずである.

PQboxを導入する事にする。 Atok以外でキーボードサポートされた物はこれしかいないはずである。

幸い「RegdentFiles」と言うiPaqで言うIpaq File Storeにあたる保存領域がある。

多分12MBほど有ったと記憶する。徹夜明けであったため記憶は定かではない。

そこにasukalが数年使って鍛え上げたPQBox(Pobox)用の辞書!中華圏スペシャル単語(+夜単語)の豊富な辞書約3MBとPQbox本体を置く。

これでQwertキーから日本語入力が可能であった。

@これで24MBメモリの約5MB使用、そして立ち上げた状態で10MBの消費、 残るは約9MBのメモリ。

wi-fiやBluetoothを立ち上げるとかなり苦しそうである。 実際WEB閲覧などのキャッシュが入ればフリーズであろう。

4; たったこれだけのレジストリで日本語化したためメールの送受信のエンコードが心配である。

AsukalがPPC2002時代に使った日本語化レジストリは

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\International]
"ACP"=dword:000003a4
"LCID"=dword:00000411

の書き込みが無い場合、どんなにヌルズとフォントで日本語化しても送信メールが文字化けしてしまったのである。

そのためその後の日本語化には全てこのレジストリを組み込んでいた。

しかし今回MPx日本語化でこの項目さえ無い状態、ヌルズ+フォント+フォントレジストリだけであったが

なんとメール送受信ともに日本語メールが文字化けすること無く行えているのである

@ひょっとするとPPC2003以降、或いは2003se以降のOSは複雑なレジストリ追記なしで、 フォント組み込みとヌルズだけでエンコードされてしまうのである可能性が有る!

実は中国人達の英語PPC中国語化方法を見ていると、 やはりヌルズ+フォント+フォントレジストリだけで行っている。

今まで中国語はUTFコードにアサインされているため複雑なレジストリを必要としないのか??と想像していたのであるが・・・

今後の日本語化CABを見直す必要が有るかもしれない!これは大発見であった!

asukay yours!

 

posted by Asukal at 14:16| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

★Lets Japan No,5★

さて来るべきWindows Mobile 5.0 (magneto)の時代に向けて新たなる戦いが始まった!

足音を立てて迫ってくるMagnetoの時代

それにあわせて聞こえてくる新型の知らせ!(T_T)

そう、今までのLets Japanではこの強敵 Magnetoには歯が立たないのである

と言う事でMagneto登場に先駆け、新兵器 Lets Japan No,5をここに完成させたのである!

先手必勝!急がば回れ!焼肉定食!犬も歩けば棒にあたる!

まだ実機では未テストであるが理論上(?)はこれで英語OS Magnetoを撃沈できるはずである!

★Lets Japan No,5 参上★ 中止

Asukaly yours!

続きを読む
posted by Asukal at 16:57| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

★e-chinaV62 mUnifont★

ぢゃぢゃぢゃぢゃ〜ん!

ついに完成したのである!

小さな文字から大きな文字まで日本語が綺麗な日中二ヶ国語フォント

奇跡のmUnifontを組み込んだ新しいe-chinaシリーズ

その名を e-chinaV62 (いっちゃいな V ムニ)

 (フォントを作成された同志muni62氏の名前にちなみ)

♪カラスの〜野郎どいていな!♪とんびの間抜けめきをつけろ! ♪

そうだ!小林あきら級のそしてダイナマイトが150トン級超スーパー日中二ヶ国語CAB!

e-chinaV62 であ〜るっ!

つらく長い、そして孤独なフォントつくりと戦った同志muni62氏、 つらかったことだろう、大変だったことだろう・・・・

が彼の努力のおかげで理想の、そして完璧な日中二ヶ国語環境が手に入った!

♪か〜ぜ〜に〜逆らう〜お〜れの気持ちが・・・・(省略)♪ 

そうだっ!燃える男の熱きmUnifont!

♪燃えるおと〜この、赤いトラクタ〜・・・ あ、違った・・・

とにかくここに発表である!

鼻の穴をかっぽじって良く見るのだこの勇姿をっ!

(画像は英語OSのPPCに導入した物である、 日本語OSのPPCに導入した場合若干サイズが変わるそうだ)

以前のフォントはAsukalの過去ログを見てくれ!

 

だがっ! 今回のこのe-chinaV62はその完成度の高さに比例して、腫れ方も尋常ではないのである!

今までのちんちんの腫れ方とはケタはずれなのである!

なめてはいけない!孫子の代まで腫れちゃうのである!

いや、六親等内の身内までもが腫れてしまうかもしれない!

決して諸君にはダウンロードを許されぬ禁断の腫れちゃうCABなのである!

気をつけたまえ!ダウンロード非許可である!

続きを読む
posted by Asukal at 23:51| 香港 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

★WM5.0でAtok for Pocket PC稼動成功せり!★

本日香港からの帰りのフェリーの中で再度WM5.0でのAtokのテストをしてみた。

実はAtokがWM5.0で動かない理由がおおよそ見えていたのである。もちろんエミュレーターでも動かなかった。

番頭にHimalayaをあげてしまったはずであるが、 実はAsukalはHimalayaをなぜか二つ持っていたのである。

理由は秘密である!

話を戻そう・・・・

Himalayやエミュレータ上のWindows Mobile5.0でAtokをインストールするとOSがグチャグチャ? になるのである。

どの様にグチャかと言うと

@ スタートメニューからプログラムをタップしても一切プログラムアイコンが出てこない

@ファイラー(標準のエキスプローラーやGSFinder) を開いても空白で一切のファイルが見えない

@ コンパネのアイコンをタップして色んな設定を開いてもダイアログのサイズが乱れ調整できない

@SIPのアイコンが出てこない!

実はこの様な症状は以前にPPC2003の時にも経験しているのである。

かつてどの様な時に発生したかと言うと、適当に作ったSIPのCABを導入してうまくSIPが登録されなかった場合である。

その場合とまったく症状が同じであるのだ!

そう、まるでWM5.0がAtokをDefault SIPとして認めていないかのようである

実はAtokインストール終了後、起動時に最初に設定されるSIPとしてこの時点でAtokの「英数」が指定されているのである!

ならば、ソフトリセットする前に Pocket Tweakを使い標準のSIPを、

OS Defaultである「Keyboard」に戻してやるのである!

そしてソフトリセットである!

なななんと!ちゃんと正常に起動し、そして全てAtokの機能が使用できるではないか! (定型分はJustsystem配布のPPC2003用パッチが必要)

すごいぞAsukal、 やはりAsukalは天才だ <ね、TJさん・・・? >

いつものように叫ぶのである!

ブラボー!ドロボー!Asukal!

 

(って、な〜んだ!そんなことかい・・・けっ・・・ とは言わないで欲しい、ここにたどり着くまでにAsukalは何度もハードリセットを繰り返し、汗と涙と鼻水の結晶なのである!)

さて例によりキャプチャーの嵐だ!鼻水の結晶だ! パリパリ言うぞきっと!

「画像がイッパイでパケット代がもったねーぞ」等とは言わせぬぞ!

 

↑SIPリストにちゃんと並ぶAtok            ↑「かな」モード  fontは日中フォント

 

↑「ローマ字」モード           ↑「手書き」 モード(アイコンがハゲちゃびん)

 

↑「定型分」モード(要PPC2003用パッチ)    ↑「文字一覧」モード

 

 

もちろんKOTETSUさんの

Happy Taping KeyboardでもAtokが使えるぞ!

あ、「まるちたっぷ。」もテストしてみよう!

ふ〜、wince.nlsの入手、Atokの動作、これでやっと一人前の

Asukal Magnetoである!

 

 

Asukaly yours!

posted by Asukal at 21:46| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

★HP6515でHardKeyIM★

ほぼ完璧に日本語、中国語入力を装備できたHP iPAQ6515 Mobile Messengerである。

Asukalの場合は日本語入力はPQBOXとAtokを導入してある。

簡単なSMSやe-mailでの定型文に近いような返答であればPQBOXで十分であるが、

少し込み入った、長文とまではいかないがややこしい(?)文章を打つ場合やはり変換効率に優れたAtokが使いたい

しかしこの四角四面のマシーン! 渥美清の様な顔のくせに、融通の利かせ方はかなり彼とは違う!

ソフトキーボードがかなり邪魔になるのである。

Atokの日本語をONにしてハードキーボードで打ち込めばもちろんソフトキーは隠れて画面は広くなる!

*画面は圧縮されたように狭くなり、肝心な入力画面が見えないぞ!

しかしながらハードキーボードがAtokの機能にアサインされないので非常に使いにくいのである!

 

例えば予測変換の候補を選ぶのにTABキーで移動させ選択するのだがそれを実行に移すキーが無いのである。

もちろん予測変換を使わねば通常の変換のみでしよう出来るのだが「有る物は使え!」 と言う使命により使いたいのである。

@参考;通常の変換のみでハードキーボードで使う場合=Spaceキーで候補のスクロール、 そしてEnterキーで決定。

そこでBlue Angelの時にお世話になったKOTETUS氏のHardKeyIMを思い出す!

もちろんHP6515用の物は作られていないが同じiPAQでHP4350と言うハードキーボード内蔵のPPC用の物が有ったはず!同じiPAQである、 使えぬはずは無いと早速KOTETSU氏に依頼をする。

快く分けていただきそそくさとインストールである。

予想は的中!なんとほとんどの機能がそのまま使えたのである!

すごいぞAsukal!(すごいのはKOTETUSさんのこのソフトであるが・・)

狭い画面も有効に使える、もちろん非表示に出来る!

キーボード上のアイコン機能は分かりやすい。

左端から

 

1;windowを閉じる  2;全てのwindowを閉じる。 3; アクティブなwindow以外のwindowを全て閉じる

4;Today画面へ戻る 5;windowの切り替え 6; 日本語のON/OFFである。

しかしこのソフトキー上の機能はあくまでもおまけである!

本当の実力はそのハードキーボードでの操作なのである!

さ、AsukalはんのHardKeyIM for Ipaq講座である!

耳の穴をかっぽじって良く見なさい! (ん?)

誰だ!鼻の穴をかっぽじっているのは!

←画面を見ながら読んでほしい!

 

1;「青●キー+Space」で日本語のON / OFFである! これだけでも価値が有る!

2;TABキーで予測変換候補を移動、「青●キー+エンター」 で選択実行」

3;Win Key(Spaceの左側のキー)がCTRLキーになる!

4;アプリボタンの1~4まで、 それぞれAtok予測変換の1番目--4番目の決定キーにもなる!

5;コンキスト・メニューキーの機能だけは残念ながら使えなかったが、 もともと他機種専用アプリである。

これだけ使えれば上等である!すばらしい!これでハードーキーボードによるAtokの制御が可能となった!

ブラボー!そして非常的感謝Kotetus先生!

Asukaly yours!

posted by Asukal at 19:37| 香港 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★日中二ヶ国語フォンmUnifontM完成!★

日中二ヶ国語機を使う同志の夢!日本語も中国語も綺麗に表示させたい!

そんな夢が今かう時が来た!同志 Perlの魔術師 muni62 氏がコツコツと作り上げた一品である!

現在完成したこのフォント、亜洲モバイル人柱隊の同志たちと最終の検証に入っている。

1週間程の検証後、mini62氏の好意によりこのフォントが公開されることになる!

そう、このunifontであるが彼の名、muni62(ムニ・ムニ)にちなんでその名をmUnifontMと名づけられたのである!

そして新しくこのフォントを組み込んだe-china、 その名をe-china V62と命名する!

ぢゃぢゃぢゃ・ぢゃ〜ん! mUnifontMである〜!

 

↑各サイズの表示例              ↑IEでの日本語表示

 

↑IEでの中国語表示            ↑IEでの英語表示

Comming soon!・・・・・・・・・・・・・・・・

Asukaly yours!

posted by Asukal at 09:22| 香港 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

★muniFont私信★

muni62さんへ

 

↑defaultのままではこのように大きくなってしまう。↑リソースを FONT 8, "tahoma" と指定。ついでに日本語化

なぜかこのアプリだけこの様になる。後は問題なし。

ちなみに初版のunifontは左の図とは逆にかなり小さく表示されていた。

Asuklay yours!

posted by Asukal at 23:41| 香港 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

★Windows Mobile 5.0 ヌルズをゲット!★

 

 

Asukaly yours!

posted by Asukal at 17:49| 香港 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本・中国語化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。